宗教法人根本山宝満堂

昭光
世の中を照らす
光は我が心にあり

宝満堂とは

宝満堂がどういう経緯で誕生したのか、ということを概略でお伝えしましょう。
昭和の終わり頃、山下陽美子という一人の若い主婦がいました。彼女は平凡で幸せな結婚生活を送っていました。ところが、子どもが成長するにつれて次々と身辺に困った問題が起き、また自分も治りにくい病気にかかったため、人に勧められるままにある宗教家を訪ねました。するとその人が言うには「あなたは並みの人間ではない。神仏とつながる資質がある」と・・。思ってもいなかったことを言われて彼女は驚きます。
そして、平成元年、山下陽美子は本当に神の御言葉を聴くようになりました。やがて、神さまが命じるままに、世のため人のために働こうと彼女は決意します。
自分がどんなに辛いときでも、病気の人があれば治す、困っている人があれば解決法を教える・・この゛不思議な能力を持つ山下さん゛の評判はしだいに広まり、平成2年の初め、福岡県粕屋郡篠栗町に4畳半一間の御導き所を開くに至りました。
翌年には一軒家を借りて須恵町佐谷に移転。しかし、そこも多いときは一日二百人という人であふれ返り、平成6年には須恵町須惠に御堂が建てられました。そしてさらに発展して平成12年には須恵町上須惠、若杉山の南麓に『根本山 宝満堂』という大きな御堂が完成したのです。
いま宝満堂は午前5時から夕方まで毎日何百人もの人たちが出入りしお参りし、気持ちを浄化する、みんなの「こころの故郷」になっています。

活動について

教祖 山下陽美子

宝満堂の毎日は苦難や借金や病気を“きっかけ”にして自分自身の心の在りように気づき、それをあらためることによって、まったく新しい、嬉しい、輝かしい人生を手に入れようという、自己改革のご修行の場です。
毎日、午前5時半からお祈り。6時からお説法が行なわれます。
その後は“法座”の輪で個人的な悩みや質問などをみんなで語り合い、法座主の助言をもらう時間がゆっくりと流れます。
お昼には宝満堂の農園で採れたお野菜のてんぷらなど美味しい自家製弁当が待っています。
陽美子先生から『掃き行』をいただいた方は境内を掃きながら、『拭き行』をいただいた方はお堂を拭きながら、自分の心に気づかせていただくのです。

今月の行事

今月の行事一覧へ

年間祭事

出版物のご案内

陽はのぼる 全巻1巻〜6巻 
定価各1,000円
第1巻 人生が輝く喜びの言葉
第2巻 幸せを呼ぶ言葉
第3巻 ハイと言う宝物の言葉
第4巻 明日をひらく優しい言葉
第5巻 喜びの人生に出会う言葉
第6巻 感謝の心に包まれた言葉

毎日毎日の人間としての日々の積み重ねが花開く時期になってまいりました。
 これより先の世は理屈ではありません。自分の心を正していきさえすれば、道が開ける時代でございます。
 明るく素直に正直に、一人ひとりのお方のお心が清まっていくならば、必ずや今以上の幸せを頂かれるはずでございます

祈り 創刊号〜第6号 定価各630円

インド小学校だより

インド小学校だより一覧へ

おかげ話

「一緒に行こう」「うん、よかばい」

不安や悩みの多い現代社会をどう生きるか?

神様仏様は、それをどう教えて頂いているのか? 

 

 

 父に勧められて就農しましたが、思うようにいかず後悔ばかり、父のせいにするようになっていました。

(経営者・49才)

「決断したのは自分!」

 

 私は4人兄弟の長男で家は元々農家です。小さい頃から農業の手伝いをしていましたが、自分だけが作業が遅いうえに、丁寧にできなくて不器用不器用と言われ続けたのもあって農業はやりたくないと思い、会社に就職しました。

 半年くらい経って、父から花の栽培を勧められ就農しましたが、思うようにいかず後悔ばかり。父は途中から花作りを私に任せ野菜作りに戻り、自分勝手な親だと思うようになり、上手くいかない時は父のせいにしていました。

 でも、父から勧められて始めた事とはいえ「決断したのは自分なんだ!」と、何度も何度も自分に言い聞かせながら続けてきました。

 

「今日は暑いな~」

 

 2年間、全く口を聞いていない父とのことでお導きを頂きました。するとお神様は父のことは「とても立派な方、土、畑のことは超天才、德のある人格者ですよ」と教えて頂きました。今まで私は父の事をその真逆と思っておりましたので、とても衝撃でした。でも心はうれしい気持ちでいっぱいになりました。

 陽美子先生より「お天気の事は思っていますか?」と聞かれた時「天気のことは気になりません」と答えました。私は冷暖房のきいたハウスで仕事をしているからです。

 「家から外へ出たら『今日は暑いな~』とか言ってみて。そしたら畑で汗水流して働いてあるお父さんを思いやることができ、その心が親孝行になるのですよ。」

 これまで年老いた親に気遣いひとつなかった自分をとても恥ずかしいと思いました。

 

うれしくてニヤニヤ

 

 次の日、信じられないことが起きました。毎年知人に頼んでいた田植の苗を一人で取りに行っていましたが、今年は父が「一緒に取りに行こう」と言ったのです。私は「え~!俺は一人で行ける」と思いましたが、目の前の方に合わせることを教えて頂いておりましたので直ぐ「うん、よかばい」と父の言葉に合わせることができました。

 いつも素直でない自分は、初めての体験でしたのでうれしくてうれしくてニヤニヤしてしまいました。本当にお神様のお導きはすごいと思いました。

 その後、普段通り何も変わりませんが、陽美子先生から「少しずつ変わっていきますよ、そして商売繁盛致しますよ」とお言葉を頂き、御先祖様への感謝、親への感謝、大自然界への感謝する心など全くなかったことを、信仰して子孫のために心磨きをし、成長していかなければならないことを今思っております。

 御先祖様にご恩返し、親にご恩返しの心をもってお堂に足を運ばせて頂き、信心を深くしてまいりたいと思います。

 本当にありがたいご縁を頂きました。ありがとうございました。

お客様は神様です

不安や悩みの多い現代社会をどう生きるか?

神様仏様は、それをどう教えて頂いているのか? 

 

 

 困ったお客様が続いたので対応に苦慮し、お導きをお願い致しました。

(経営者・60才)

 

米粒ほどの喜びがお店に

 

 菓子製造販売業を営んでおります。息子が社長で、私は店の中で接客をしております。ある日、お婆さんがお金を持たずにお菓子を買いに来られました。私はすぐに認知症だと思い、マニュアルに従って丁寧にお金がないと売れないことを説明し、帰って頂きました。

 しかし、同じことが度々あるので陽美子先生にお尋ね致しました。

 「まあー、お婆さんが神様となってお店に来られたんですね。あなたは、その時、社長に『どうしましょうか』と相談しましたか?マニュアル以上に目の前の方が大事ですよ。『お客様は神様です』必ず目の前の方に合わせ喜んでもらうことが大事です。目の前の方に喜んでもらって初めて、米粒ほどの喜びがお店に返ってくるんですよ。そのお婆さんのお家にお菓子を持ってお詫びに行ってはどうですか。お金を持っていないお客様に帰ってもらうというのは普通だと思いますよ。ちょっとそこに相手を思う優しい心、恥をかかせない思いやりの心を持ちましょうね。そこを頑張ったらお店はどんどん繁盛しますよ。社長である息子さんの器が大きくなりますよ」とお導き頂きました。

 あー本当に、商売の原点を教えて頂いたお婆さんに申し訳ない気持ちで一杯になりました。

 早速、お婆さんの家に謝りに行くと、お婆さんにもご家族の方にも大変喜んで頂きました。お客様に喜んで頂く喜びを初めて味合わせて頂きました。初代もきっとそのような気持ちだったと思います。

 その数日後、今度はこの暑い中、冬物のコートを身につけたおじいさんが「携帯電話の充電をさせて」と店に入って来られました。先のお導きをスタッフの皆さんにも伝えておりましたので、応対にあたったスタッフは少しも嫌な顔を見せず「はい、どうぞ」と快く受けたとのことでした。その時、店の中に温かい空気が流れたと嬉しい報告がありました。

 社長とスタッフの皆さんの心が一つになったことは何よりのお蔭様でした。

 

商売の原点

 

 新型コロナ菌の影響で、3月より周りの店の経営が危ぶまれる中、当店は創業以来初めてという程の桁外れの大口の注文を次から次に頂いて、工場も売り場も手を休める暇のない程の忙しさです。

 初代が試行錯誤して作り上げたお菓子が、この時代に皆様に喜んで頂けるお菓子となったことをありがたく感謝申し上げ、スタッフも目の前のお客様は神様と口に出して言ってくれ、社長の思いに続いてくれています。

 陽美子先生、商売の原点である「お客様に喜んで頂く」という大事な教えを頂き、本当にありがとうございました。

おかげ話一覧へ

アクセス

宗教法人根本山宝満堂

所在地
〒811-2114
福岡県糟屋郡須恵町上須恵63-5