宗教法人根本山宝満堂

昭光
世の中を照らす
光は我が心にあり

宝満堂とは

宝満堂がどういう経緯で誕生したのか、ということを概略でお伝えしましょう。
昭和の終わり頃、山下陽美子という一人の若い主婦がいました。彼女は平凡で幸せな結婚生活を送っていました。ところが、子どもが成長するにつれて次々と身辺に困った問題が起き、また自分も治りにくい病気にかかったため、人に勧められるままにある宗教家を訪ねました。するとその人が言うには「あなたは並みの人間ではない。神仏とつながる資質がある」と・・。思ってもいなかったことを言われて彼女は驚きます。
そして、平成元年、山下陽美子は本当に神の御言葉を聴くようになりました。やがて、神さまが命じるままに、世のため人のために働こうと彼女は決意します。
自分がどんなに辛いときでも、病気の人があれば治す、困っている人があれば解決法を教える・・この゛不思議な能力を持つ山下さん゛の評判はしだいに広まり、平成2年の初め、福岡県粕屋郡篠栗町に4畳半一間の御導き所を開くに至りました。
翌年には一軒家を借りて須恵町佐谷に移転。しかし、そこも多いときは一日二百人という人であふれ返り、平成6年には須恵町須惠に御堂が建てられました。そしてさらに発展して平成12年には須恵町上須惠、若杉山の南麓に『根本山 宝満堂』という大きな御堂が完成したのです。
いま宝満堂は午前5時から夕方まで毎日何百人もの人たちが出入りしお参りし、気持ちを浄化する、みんなの「こころの故郷」になっています。

活動について

教祖 山下陽美子

宝満堂の毎日は苦難や借金や病気を“きっかけ”にして自分自身の心の在りように気づき、それをあらためることによって、まったく新しい、嬉しい、輝かしい人生を手に入れようという、自己改革のご修行の場です。
毎日、午前5時半からお祈り。6時からお説法が行なわれます。
その後は“法座”の輪で個人的な悩みや質問などをみんなで語り合い、法座主の助言をもらう時間がゆっくりと流れます。
お昼には宝満堂の農園で採れたお野菜のてんぷらなど美味しい自家製弁当が待っています。
陽美子先生から『掃き行』をいただいた方は境内を掃きながら、『拭き行』をいただいた方はお堂を拭きながら、自分の心に気づかせていただくのです。

今月の行事

今月の行事一覧へ

年間祭事

出版物のご案内

陽はのぼる 全巻1巻〜6巻 
定価各1,000円
第1巻 人生が輝く喜びの言葉
第2巻 幸せを呼ぶ言葉
第3巻 ハイと言う宝物の言葉
第4巻 明日をひらく優しい言葉
第5巻 喜びの人生に出会う言葉
第6巻 感謝の心に包まれた言葉

毎日毎日の人間としての日々の積み重ねが花開く時期になってまいりました。
 これより先の世は理屈ではありません。自分の心を正していきさえすれば、道が開ける時代でございます。
 明るく素直に正直に、一人ひとりのお方のお心が清まっていくならば、必ずや今以上の幸せを頂かれるはずでございます

祈り 創刊号〜第6号 定価各630円

インド小学校だより

インド小学校だより一覧へ

おかげ話

「自分の心を治すんだ」と言葉を 変える努力をしましょうね 

不安や悩みの多い現代社会をどう生きるか?

神様仏様は、それをどう教えて頂いているのか? 

 

 

 

 娘が産後、精神的に不安定になり、なかなか良くなりません。            

(女性・60才)

 

法座で学びましょう

  遠方に嫁いだ娘が、2人目の出産後、精神的に不安定になり、子育てもできない状態になったことで、宝満堂にご縁を頂きました。

 御説法を毎日拝聴させて頂き、娘を治すためならどんなことでもしたいという思いで、何度もお尋ねをさせて頂きました。その度に、自分が勝手をしてきたこと、主人を敬っていなかったことをお導き頂き反省が足りずに、なかなか娘が良くなりません。

 娘から毎日、何度も「苦しい、苦しい」と電話がかかってくるので、私の心も苦しさでいっぱいになり、どうしたらこの苦しみから逃れられるのか、答えを探す日々を送っておりました。

 教祖様から、「あなたは娘さんを治したいと思っているようですが、自分の心を治すんだと言葉を変える努力をしましょうね。長い間、勝手をしてきたので急には良くなりませんよ。でも一日一日、目の前の方に喜んで頂くんだ、目の前の方に頭を下げさせて頂くんだという言葉を大事にしましょうね。そこに焦点を当てて、法座で学びましょう」とお導き頂きました。

 「よし、娘のことは横に置いといて、自分が法座で学ばせて頂こう」と決心しました。

 

法座はありがたい!

 早速、法座に入ると娘が生まれてからのことを聞いて頂きました。娘は活発で自分で進んでいくタイプで、手が掛からない子でした。親として悩むことも心配することもなかったので、娘のことは気にもせず、私は働くばかりだったことを話しました。娘は、出産後すぐに引っ越しをして具合いが悪くなりました。皆さんから「産後、小さい子を抱えての引っ越しは、肉体的にも精神的にも大変だったでしょうね」と言って頂き、ハッとしました。

 又、「産後、親に手伝ってほしいと言えず、きつかった」という話も聞き、娘を思いやる心が少しもなかったことを教えて頂きました。何と冷たい母親だったかと思うと、涙があふれてきて止まりませんでした。

 皆さんから頂く言葉はありがたいと感謝致します。毎日毎日、法座で学ばせて頂き、反省の日々を過ごしております。

 

喜びの種を頂く

 それから数週間後、娘から思いがけない電話がありました。「お母さん、今日は久しぶりにお化粧をして、子どもを保育園に迎えに行ったよ」と元気で明るい声でした。私は飛び上がるほど嬉しく、すぐに主人に伝え、法座に入って皆さんにも喜んで頂きました。その数日後、今度は「一年ぶりに夕食の支度をしたよ」という電話が…。家族のために食事の準備をする娘の温かい心を思うと、涙が出てきました。こんな喜びの心を頂ける日が来るなんて、夢のようです。

 教祖様より「何のためにお堂にお参りするのか、それは喜びの種をもらうためよ。あなたが法座で学ぶ決心をした心が神様に届き、喜びとなって返ってきたのよ」と仰って頂きました。教祖様の神教えを学ぶことで、この子は絶対に良くなっていくんだと信じる心を頂きました。

 まだまだ行きつ戻りつの毎日ですが、教祖様に出会うことができたことに感謝致します。

 これからも法座の学びをなお一層、精進させて頂きます。

主人の責任と思っていたことが、すべて私の出した言葉が悩みの原因でした!! 

不安や悩みの多い現代社会をどう生きるか?

神様仏様は、それをどう教えて頂いているのか? 

 

 

 

 息子が小さい頃から身体が弱かったため心配ばかりしてきました。            

(女性・80才)

 

こんな教えに出会いたかった

 私は、2人の子を授けて頂きましたが、息子が小さい頃から身体が弱かったため、心配ばかりしてきました。病院に通いながら母が信仰深かったので、あちらこちらといろいろな場所にお尋ねに行きました。そのときは良き方になるのですが、また病気が出ての繰り返しでした。

 ある日、兄嫁より、須恵にすごく良い先生がおられることを聞いて、その足で宝満堂に連れて行ってもらいました。教祖様にお会いした途端、「こんな先生に会いたかった!」と感動したことを今でも鮮明に覚えています。

 

冷たい自分の言葉

 その頃、息子は県外に就職しましたが、働き出してまもなく「身体がだるい」「夜眠れない」と苦しい日々が続いたようで、度々電話がかかってくるようになりました。すぐに教祖様にお尋ねしました。

 お導きで「ご主人のことをどう思ってきましたか」と聞かれ、生前、相当主人を嫌い冷たい言葉を出してきたことをお話し致しました。

 教祖様は、「子供の悩みの原因は、ご主人に対して、どんな心でどんな言葉を出したかですよ。ご主人に親に子供さんに人に対して出した言葉が、全部自分の悩みとなって返ってくるのですよ」と教えて頂きました。

 私は、そのようなお導きは初めてで、少し戸惑いながらも主人の悪の数々を訴えました。教祖様は優しく「そうね、そうね」と聞いて頂きました。それから「あなたからそんなに責められたご主人は、どうだったでしょうか?」と聞かれ、ハッとしました。主人は、私に対して何も言い返さず、黙って聞いていたことを思い出しました。

 

神様を敬う心が受け継がれていた

 「ご主人は仏の心を持っていらっしゃったようですね。あなたがご主人に対して優しい温かい思いやりの心があったならば、ご主人の良い所を見ることができたでしょうね」と仰って頂き、今まで主人がどんな思いだっただろうかと思うと、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

 「あなたは、息子さんに対しても、この子は弱い、弱いと言ってきたでしょう?その言葉が原因で、息子さんの身体が弱くなったのですよ。自分の出した言葉に気づいて、お詫び致しましょうね」とお導き頂き、主人に出す言葉、子供に出す言葉の大切さに初めて気づかせて頂きました。

 息子の身体も次第に元気になり、仕事も地元に異動することができ、お蔭様で孫達と同居できる家も建ててくれました。

 息子が「神様のお蔭やね。お母さん、お礼をあげとってね」と言ってくれたときは、びっくり致しました。神様を敬う心が、息子にしっかりと受け継がれていることが大変ありがたく思いました。

 私の人生、教祖様との出会いが最高の喜びと心より感謝申し上げます。母の信仰のお蔭と手を合わせました。

 教祖様、本当にありがとうございました。

おかげ話一覧へ

アクセス

宗教法人根本山宝満堂

所在地
〒811-2114
福岡県糟屋郡須恵町上須恵63-5