宗教法人根本山宝満堂

昭光
世の中を照らす
光は我が心にあり

宝満堂とは

宝満堂がどういう経緯で誕生したのか、ということを概略でお伝えしましょう。
昭和の終わり頃、山下陽美子という一人の若い主婦がいました。彼女は平凡で幸せな結婚生活を送っていました。ところが、子どもが成長するにつれて次々と身辺に困った問題が起き、また自分も治りにくい病気にかかったため、人に勧められるままにある宗教家を訪ねました。するとその人が言うには「あなたは並みの人間ではない。神仏とつながる資質がある」と・・。思ってもいなかったことを言われて彼女は驚きます。
そして、平成元年、山下陽美子は本当に神の御言葉を聴くようになりました。やがて、神さまが命じるままに、世のため人のために働こうと彼女は決意します。
自分がどんなに辛いときでも、病気の人があれば治す、困っている人があれば解決法を教える・・この゛不思議な能力を持つ山下さん゛の評判はしだいに広まり、平成2年の初め、福岡県粕屋郡篠栗町に4畳半一間の御導き所を開くに至りました。
翌年には一軒家を借りて須恵町佐谷に移転。しかし、そこも多いときは一日二百人という人であふれ返り、平成6年には須恵町須惠に御堂が建てられました。そしてさらに発展して平成12年には須恵町上須惠、若杉山の南麓に『根本山 宝満堂』という大きな御堂が完成したのです。
いま宝満堂は午前5時から夕方まで毎日何百人もの人たちが出入りしお参りし、気持ちを浄化する、みんなの「こころの故郷」になっています。

活動について

教祖 山下陽美子

宝満堂の毎日は苦難や借金や病気を“きっかけ”にして自分自身の心の在りように気づき、それをあらためることによって、まったく新しい、嬉しい、輝かしい人生を手に入れようという、自己改革のご修行の場です。
毎日、午前5時半からお祈り。6時からお説法が行なわれます。
その後は“法座”の輪で個人的な悩みや質問などをみんなで語り合い、法座主の助言をもらう時間がゆっくりと流れます。
お昼には宝満堂の農園で採れたお野菜のてんぷらなど美味しい自家製弁当が待っています。
陽美子先生から『掃き行』をいただいた方は境内を掃きながら、『拭き行』をいただいた方はお堂を拭きながら、自分の心に気づかせていただくのです。

今月の行事

今月の行事一覧へ

年間祭事

出版物のご案内

陽はのぼる 全巻1巻〜6巻 
定価各1,000円
第1巻 人生が輝く喜びの言葉
第2巻 幸せを呼ぶ言葉
第3巻 ハイと言う宝物の言葉
第4巻 明日をひらく優しい言葉
第5巻 喜びの人生に出会う言葉
第6巻 感謝の心に包まれた言葉

毎日毎日の人間としての日々の積み重ねが花開く時期になってまいりました。
 これより先の世は理屈ではありません。自分の心を正していきさえすれば、道が開ける時代でございます。
 明るく素直に正直に、一人ひとりのお方のお心が清まっていくならば、必ずや今以上の幸せを頂かれるはずでございます

祈り 創刊号〜第6号 定価各630円

インド小学校だより

インド小学校だより一覧へ

おかげ話

「お祖父ちゃんお祖母ちゃんも喜んでいたよ」

不安や悩みの多い現代社会をどう生きるか?

神様仏様は、それをどう教えて頂いているのか? 

 

 

 進路が決まらない息子達のことで、同居する両親との葛藤があり心が悶々としていました。

(女性・61才))

 

「孫達は大丈夫か」

 

 私には2人の息子がいます。今の幸せがあるのは陽美子先生のお蔭様としか言いようがありません。

 10年前、長男は大学院生で大事な就職活動の時期に学校を休み、又、次男も定職にもつかず家でゴロゴロしておりました。

 主人は単身赴任中で、父からは「孫達は大丈夫か」と幾度となく言われ、どうしたら良いのかと、私の心はいつも悶々としておりました。苦しくて苦しくて、この苦しみを乗り越えるにはどうしたら良いかと思い、毎日、先生の説法を聴きにお堂に通いました。

 お説法を聴きながら「親や主人を敬う心が大事、それができないと家の中は苦しみばかり」という説法に、相手を喜ばせる言葉も出していない自分に気づかせて頂きました。

 私は、父が大好きだった煮豆を出した時、母から「糖尿病のお父さんに食べさせすぎだから出さんで」と言われた一言がずっと胸に残り、母をずーっと嫌ってきました。それからは、両親と食事を一緒にするのが嫌になり、家を建て替える時は絶対に台所を別にしようと思い、その通りに台所を別々に建て替えました。

 陽美子先生のお説法を聴いているうちに、「両親や主人はどんなに寂しかっただろう。母を嫌った自分が子供で苦しむのは当たり前」と気づかせて頂きました。

 そして、両親は2人の孫をどんな想いで見守ってくれているのかと思うと涙が出ました。

 

「2人共いい子ね」

 

 ある日、説法の途中、陽美子先生のお言葉で「親に主人に喜んで頂いたらいいのよ、喜んで頂いたらいいのよ」と呪文のように浮かんできました。

 そうだ!お祖父ちゃんお祖母ちゃんのことを子供達に話そうと、陽美子先生より仏智を頂きました。

 早速、家に帰り息子達に「今日、陽美子先生から声を掛けて頂いたよ。2人の名前を聞かれてね、『2人共いい子ね。頑張り屋さんで働き者ね』と褒めて頂いたよ。お祖父ちゃんお祖母ちゃんにも伝えたら「そう、そう」と頷いて喜んでいたよ。お母さんも嬉しかった」と伝えました。

 不思議なことに何日か経った頃、大学から長男に電話がかかってきました。就職試験を受けてみないかという内容でした。宝満堂のご縁のお蔭様で、それからトントンと就職も決まり、無事に大学も卒業することができました。

 又、次男も自分で仕事を探してはすぐ辞めてしまう子でしたが、今の会社で頑張って勤めております。本当に陽美子先生の御教え、お説法のお蔭様です。人を喜ばせる言葉が、これほど人の心を良き方へと導いて頂くのかと、このご縁に感謝しかありません。

 母も96才になり、元気で過ごしております。今でも少々葛藤はありますが、母に対して本当に申し訳なく反省とお詫びをさせて頂く毎日です。

 いつも優しく母を労ってくれる主人のお蔭様で私は毎日お堂にお参りできます。これからも日々のお説法で自分の欠点を教えて頂き、母に主人に人様に喜んで頂きますようご恩返しの心で精進させて頂きます。

 陽美子先生、ありがとうございました。心から感謝申し上げます。

夫婦は合わないのが当たり前!

不安や悩みの多い現代社会をどう生きるか?

神様仏様は、それをどう教えて頂いているのか? 

 

 

 

一ヶ月後の結婚を前にして彼に対してモヤモヤと不安の気持ちが一杯です。

(女性・28才))

 

ご両親に可愛がって頂きますよ

 

 数ヶ月前、私は母が眠っている菩提寺の住職様のご紹介でお見合いをさせて頂きました。ご縁を頂いたのも母が生前、陽美子先生にお世話になっており、その信仰のお蔭様と思っております。結婚にあたり陽美子先生よりお導きを頂きました。

 「御先祖様が結んで頂いたご縁ですよ。亡きお母さんが手を叩いて喜んでありますよ。相手のご両親に可愛がって頂きますよ。ご主人に喜んでもらうことは、ご両親を大切にすることですよ」とありがたいお言葉を頂きました。

 

 しかし、結婚が決まり一ヶ月後に入籍の運びとなった今、彼に対してモヤモヤすることが多く、反発心も出てきて、このままで上手くいくのか不安な気持ちになり、再び陽美子先生にお導きを頂きました。

 陽美子先生の第一声は「そうね、夫婦は合わないのが当たり前よ」と言って頂き、夫婦は合うのが当たり前と思っていた私は「えっ?」と耳を疑うほど驚きました。

 「勝手をしないように御先祖様が守ってあるのよ。幸せは苦労と隣り合わせよ。辛抱!辛抱!合わせていかないと幸せはもらえないのよ。相手に尋ね聞いて合わせてごらん。幸せになりますよ」と言って頂き、亡き母の言葉を思い出しました。「あなたはどう思う?」と、いつも聞いてくれて、相手の気持ちを大事にしてくれていました。

 陽美子先生のお言葉と母の言葉が一致して、スーッと心に入り、改めて実行してみようと思いました。

 

「お嫁に行く前に親孝行してね」

 

 後日のこと、意見が合わなかった花嫁衣装の色も、前撮りの当日、彼の好みの色に合わせることができ、すんなりと事が運びました。

 又、冷蔵庫の色は彼の母に尋ねて決めさせて頂き、陽美子先生のお言葉通り合わせることを頑張れば、相手がこんなに喜んでくださることを実感しました。

 更に陽美子先生より「お嫁に行く前に親孝行してね。お母さんが亡くなった後、お父さんが仕事から帰って家事を一生懸命されてるでしょう?『お父さん、大丈夫、私がしますよ』と優しい言葉をかけてお父さんを喜ばせてごらん。きっとお父さんが安心してくださいますよ」と言って頂き、母がいない分、子供に気を遣っている父の気持ちに初めて気づきました。そんな父に「私がするよ」とやっと言え、家事ができるようになりました。

 何も言わずに見守ってくれている父に喜んでもらうためにも、先生のお言葉を宝にしていきたいと思います。

 人生、本当に迷ったときに、正しく教えて頂く陽美子先生に出会えたことは御先祖様、母の信仰のお蔭様と心より感謝申し上げます。

陽美子先生ありがとうございました。

おかげ話一覧へ

アクセス

宗教法人根本山宝満堂

所在地
〒811-2114
福岡県糟屋郡須恵町上須恵63-5