宗教法人根本山宝満堂

昭光
世の中を照らす
光は我が心にあり

宝満堂とは

宝満堂がどういう経緯で誕生したのか、ということを概略でお伝えしましょう。
昭和の終わり頃、山下陽美子という一人の若い主婦がいました。彼女は平凡で幸せな結婚生活を送っていました。ところが、子どもが成長するにつれて次々と身辺に困った問題が起き、また自分も治りにくい病気にかかったため、人に勧められるままにある宗教家を訪ねました。するとその人が言うには「あなたは並みの人間ではない。神仏とつながる資質がある」と・・。思ってもいなかったことを言われて彼女は驚きます。
そして、平成元年、山下陽美子は本当に神の御言葉を聴くようになりました。やがて、神さまが命じるままに、世のため人のために働こうと彼女は決意します。
自分がどんなに辛いときでも、病気の人があれば治す、困っている人があれば解決法を教える・・この゛不思議な能力を持つ山下さん゛の評判はしだいに広まり、平成2年の初め、福岡県粕屋郡篠栗町に4畳半一間の御導き所を開くに至りました。
翌年には一軒家を借りて須恵町佐谷に移転。しかし、そこも多いときは一日二百人という人であふれ返り、平成6年には須恵町須惠に御堂が建てられました。そしてさらに発展して平成12年には須恵町上須惠、若杉山の南麓に『根本山 宝満堂』という大きな御堂が完成したのです。
いま宝満堂は午前5時から夕方まで毎日何百人もの人たちが出入りしお参りし、気持ちを浄化する、みんなの「こころの故郷」になっています。

活動について

教祖 山下陽美子

宝満堂の毎日は苦難や借金や病気を“きっかけ”にして自分自身の心の在りように気づき、それをあらためることによって、まったく新しい、嬉しい、輝かしい人生を手に入れようという、自己改革のご修行の場です。
毎日、午前5時半からお祈り。6時からお説法が行なわれます。
その後は“法座”の輪で個人的な悩みや質問などをみんなで語り合い、法座主の助言をもらう時間がゆっくりと流れます。
お昼には宝満堂の農園で採れたお野菜のてんぷらなど美味しい自家製弁当が待っています。
陽美子先生から『掃き行』をいただいた方は境内を掃きながら、『拭き行』をいただいた方はお堂を拭きながら、自分の心に気づかせていただくのです。

今月の行事

今月の行事一覧へ

年間祭事

出版物のご案内

陽はのぼる 全巻1巻〜6巻 
定価各1,000円
第1巻 人生が輝く喜びの言葉
第2巻 幸せを呼ぶ言葉
第3巻 ハイと言う宝物の言葉
第4巻 明日をひらく優しい言葉
第5巻 喜びの人生に出会う言葉
第6巻 感謝の心に包まれた言葉

毎日毎日の人間としての日々の積み重ねが花開く時期になってまいりました。
 これより先の世は理屈ではありません。自分の心を正していきさえすれば、道が開ける時代でございます。
 明るく素直に正直に、一人ひとりのお方のお心が清まっていくならば、必ずや今以上の幸せを頂かれるはずでございます

祈り 創刊号〜第6号 定価各630円

インド小学校だより

インド小学校だより一覧へ

おかげ話

心に響く光のお説法

陽美子先生の体験

 

 

思いやりの心が自分の人生に役立つ

 

主人の気持ちを思うと 

  結婚して4、5年経った頃、叔母さんから私に電話がかかって来ました。

「まーちゃん(私の主人のことです)に先週お金を貸したけど、まだ返してくれないよ」

 私は、びっくりすると同時に、「まあ、一週間も叔母さんからお金を借りたままで、主人はどんなにか心配しているだろうな」と思いました。

 

ー すみません、私だったら「私に黙ってお金を借りて、何に使ったの」とか「どうやって返すつもりだったの」と主人を責める心が出てきますが ー

 

 そうですよね。でも、そのときは、主人が返したいと思いながら返せなかったことが、さぞかし辛かっただろうな、心配してハラハラしていただろうなって思ったんですよ。相手のことを思ったら、責めなくてよくなるんですよね。

 だから、すぐに実家の母のところに行ってお金を借りようと思ったんです。自分が頭を下げようと思ったら、主人に文句を言いたい気持ちも出なかったですね。母にお金を借りて、叔母さんにすぐに返し、主人には、「お父さん、心配しなくていいですよ。叔母さんにお金を返しておいたから大丈夫よ」と言って、安心してもらったんです。

 そうしたら不思議なんですよ。母が、「そのお金はあげるから、返さなくていいよ」と言ってくれたんです。

 実は以前、母からお金を借りたとき、返さずにそのままにしていたら「あなたは何で返さないの?」と言われ、冷たい母だなって思ったんです。「あなたは貸してと言ったんでしょ。頂戴って言わなかったでしょ。返せないときは返せないと言わなければ、相手に対して失礼になるよ」と教えてくれました。確かにその通りでした。親子だからいいかなと思って、何も連絡しませんでした。自分の出した言葉に責任を持つことを教えて頂いたのだと思いました。

 やさしく「返さなくていいよ」と言ってくれたのには、びっくりしました。そのとき思ったのは「ああ、人に対する思いやりの心が、必ず良き方になるのだな」って。「相手を思うやさしい温かい和の心が、自分の人生に役立っていくんだな、この気持ちを大事にしていこう」と思いました。

 

お金は回すもの

 昔から『お金は天下の回りもの』って言われているでしょう。お金は円。まぁ~るいまぁ~るい和の心。やさしい温かい心、思いやりの心。その心を大事にしていったら、お金は天から授けて頂くと思いますよ。

 私もいつも言ってますよね。『お金は回すもの』って。

皆さんも、お金は好きでしょ。だったらお金から好かれるように、神様から好きになってもらえる心になりましょうね。神様が好きな心は『和の心』だと思います。

 手を天に届くように上にあげて、腕を大きく円を描くように回しながら「お金は回すもの!」と言ってみましょうね。あなただけでなく、子々孫々と『和の心』を頂いて、穏やかに暮らせますよ。お金を生かすことができる人生が送れますよ。

 昔のことですけど、今も心の中に大切にしている教えです。

「義母にそんな思いをさせていたのか…」

不安や悩みの多い現代社会をどう生きるか?

神様仏様は、それをどう教えて頂いているのか? 

 

 

 

 

 28才の息子が突然ひきこもり、なぜそうなったのか訳が分からず私も主人も年老いた両親も、とても心配しています。  

(女性・58才)

 

突然のひきこもり

 28歳の息子が、職場の近くにアパートを借り、一人暮らしをしながら元気に働いていました。ところがある日突然、仕事にも行かず家の中にこもってしまい、電話をしてもアパートを訪ねても、返事をしてくれません。私も家族も、訳がわからず、只々心配する日々が続いております。どうしたらいいのかと、陽美子先生にお尋ねさせて頂きました。

 先生からのお導きは、「息子さんが返事をしないということは、あなたは人から何か言われたとき、返事をしていますか」と聞かれ、ハッとしました。私は、義母に話しかけられても、面倒くさくて、聞こえない振りをすることが多かったからです。

 「あなたは『ハイ』という返事が、どんなに大事か、子供の人生を変えてしまうかを知っていましたか。蒔いた種は必ず生えますよ」と言って頂き、まさか自分の思い行いが、息子の足を止めてしまったとは思ってもみませんでした。

 

義母の尊い涙

 それから毎日、お説法を拝聴させて頂き、法座では、息子のことが心配でたまらないという苦しい心を聞いて頂きました。そのときに、私以上に両親や主人が、どんな思いだったか、気を使う心を教えて頂きました。

 先日、若いころから90歳になる今日まで熱心に信仰をしてきた義母が突然「私が悪かった。子や孫のために德を積まなくてはいけないのに、できていなかった。最近、孫のことで、あなたが信仰にご縁があって手を合わせてくれるようになったから嬉しい。今、初めて心を開いてあなたに話せる。今までのあなただったら言えなかった」と涙を流しながら話してくれました。

 義母の尊い涙を見たとき私は、義母にそんな思いをさせてきたんだと愕然とし「今まで心配をかけてすみませんでした」と初めて頭を下げることができました。義母は「お互い様よ。これからも仲良くしていこうね。よろしくね」と言ってくれて、私は「息子が帰って来てくれるまで長生きしてくださいね」と何とか言うことができました。

 

信仰のご縁を繋ぐ

 そのことを先生にお伝えすると、「お母さんは偉いですね。年を重ねた今、德を積む大切さに気づかれることが、信仰のお蔭ですね。あなたに、『一日でも若いうちに信仰して、目の前の悩みを通して、自分の勝手さに気づいてね』と教えて頂いていると思いますよ。たぶん、お母さんは今まで胸の内を吐き出せなかったのね。心の中にある、誰にも見えない愚痴や不満を宝にする教えに出会っていれば、もっと早く楽になったでしょうね。

 『お義母さんの信仰のお蔭で、私も悩み苦しみを喜びに変えて頂くみ教えに出会いました』としっかり頭を下げましょうね。お義母さんの喜びがご主人の喜びとなり、その喜びが息子さんに行くのですよ。必ず良い方に変わりますよ」とお導き頂きました。

 一日でも早く義母や主人に喜んで頂けるように、一心に学ばせて頂きたいと思います。ありがとうございました。

おかげ話一覧へ

アクセス

宗教法人根本山宝満堂

所在地
〒811-2114
福岡県糟屋郡須恵町上須恵63-5