宗教法人根本山宝満堂

昭光
世の中を照らす
光は我が心にあり

宝満堂とは

宝満堂がどういう経緯で誕生したのか、ということを概略でお伝えしましょう。
昭和の終わり頃、山下陽美子という一人の若い主婦がいました。彼女は平凡で幸せな結婚生活を送っていました。ところが、子どもが成長するにつれて次々と身辺に困った問題が起き、また自分も治りにくい病気にかかったため、人に勧められるままにある宗教家を訪ねました。するとその人が言うには「あなたは並みの人間ではない。神仏とつながる資質がある」と・・。思ってもいなかったことを言われて彼女は驚きます。
そして、平成元年、山下陽美子は本当に神の御言葉を聴くようになりました。やがて、神さまが命じるままに、世のため人のために働こうと彼女は決意します。
自分がどんなに辛いときでも、病気の人があれば治す、困っている人があれば解決法を教える・・この゛不思議な能力を持つ山下さん゛の評判はしだいに広まり、平成2年の初め、福岡県粕屋郡篠栗町に4畳半一間の御導き所を開くに至りました。
翌年には一軒家を借りて須恵町佐谷に移転。しかし、そこも多いときは一日二百人という人であふれ返り、平成6年には須恵町須惠に御堂が建てられました。そしてさらに発展して平成12年には須恵町上須惠、若杉山の南麓に『根本山 宝満堂』という大きな御堂が完成したのです。
いま宝満堂は午前5時から夕方まで毎日何百人もの人たちが出入りしお参りし、気持ちを浄化する、みんなの「こころの故郷」になっています。

活動について

教祖 山下陽美子

宝満堂の毎日は苦難や借金や病気を“きっかけ”にして自分自身の心の在りように気づき、それをあらためることによって、まったく新しい、嬉しい、輝かしい人生を手に入れようという、自己改革のご修行の場です。
毎日、午前5時半からお祈り。6時からお説法が行なわれます。
その後は“法座”の輪で個人的な悩みや質問などをみんなで語り合い、法座主の助言をもらう時間がゆっくりと流れます。
お昼には宝満堂の農園で採れたお野菜のてんぷらなど美味しい自家製弁当が待っています。
陽美子先生から『掃き行』をいただいた方は境内を掃きながら、『拭き行』をいただいた方はお堂を拭きながら、自分の心に気づかせていただくのです。

今月の行事

今月の行事一覧へ

年間祭事

出版物のご案内

陽はのぼる 全巻1巻〜6巻 
定価各1,000円
第1巻 人生が輝く喜びの言葉
第2巻 幸せを呼ぶ言葉
第3巻 ハイと言う宝物の言葉
第4巻 明日をひらく優しい言葉
第5巻 喜びの人生に出会う言葉
第6巻 感謝の心に包まれた言葉

毎日毎日の人間としての日々の積み重ねが花開く時期になってまいりました。
 これより先の世は理屈ではありません。自分の心を正していきさえすれば、道が開ける時代でございます。
 明るく素直に正直に、一人ひとりのお方のお心が清まっていくならば、必ずや今以上の幸せを頂かれるはずでございます

祈り 創刊号〜第6号 定価各630円

インド小学校だより

インド小学校だより一覧へ

おかげ話

心に響く光のお説法

陽美子先生の体験

 

 

私の信仰の原点となる出来事
―自分の心にお詫びをする―

 

「絶対に幸せになるから大丈夫!!」 

 開山する以前の信仰の話です。私の信仰の原点というべき出来事でした。
 友達が、ご主人のことで悩んでいました。私にできる布教があると思って、毎日、友達に「元気!」と電話しておりました。そんな日々が七年位続いたでしょうか、ついに「私もあなたのお参りしているところに連れて行ってくれる?」と言ってくれたのです。私は嬉しくて嬉しくて、「この教えを学んでいけば、絶対に幸せになるから、大丈夫、大丈夫」と励ましておりました。
 一緒にお参りしてしばらく経ったとき、「私、今まで主人の事で悩んでいたけど、信仰のお蔭で主人が変わったのよ!!あなたが誘ってくれたお蔭で、よかったー。ありがとう。早くお参りしていればよかった」と言ってくれたのです。

 

心の中は違う羨む心 

 私は、お互いの家が幸せになるために、一生懸命に信仰の学びをしてきたつもりでした。でも、友達が良くなったと聞いた途端に、一緒に喜べると思っていましたが、私の心の中は違って「何でー」という、モヤモヤする心が湧いてきました。

 もちろん、「よかったね」と言って笑っていましたが、心の中では「今、信仰を始めたばかりなのに、何でそんなに早く変われるの?私の家はまだまだ苦があるのに、何であなたの家は良くなるの?」「この前まで、ご主人のことで悩んでいたのに…」と自分でもびっくりするくらい、汚い心が湧き出てきました。

 私は、そのとき初めて、「私には、こんなに汚い心があるんだ。顔ではよかったねと喜びながら、心の中は違う羨む汚い心が自分にあるんだ」ということに気づかせて頂きました。

 そう思ったら、恥ずかしくて、穴があったら入りたい気持ちで一杯になったことを今でもはっきりと覚えています。

 

大きな大きな宝の心を 

 私は友達のお蔭で、その時に決心することができました。「神様、私という人間は、すぐに人のことを羨ましいと思います。私は人の喜びを一緒に喜べない人間です。すみません。その代わり、これからも一つでも自分の欠点に気づくことができますようにお願い致します」このようにお詫びをさせて頂いています。

 信仰のご縁で、自分の心を正直に素直に見つめて、自分の心にお詫びをするという事を気づかせて頂いた初めての体験でした。本当に私の人生に大きな大きな宝の心を頂いたと思います。

 自分の欠点に気づくって、ありがたいですね。自分が「できる」と思うと、頭が下がりませんが、できないから「人は偉いなー」って思えるんですよ。「できません!!すみません!!」と心に素直に頭を下げると、神様仏様から智慧を頂けるんですよ。

 導いた信仰の子から自分の心、自分の姿を気づかせて頂き、自分の欠点を教えて頂くことが、本当の信仰のお蔭であり喜びであるという、私の信仰の原点となる出来事でした。

「すべて御先祖様のお蔭様で!!」

不安や悩みの多い現代社会をどう生きるか?

神様仏様は、それをどう教えて頂いているのか? 

 

 

 

 

 40才になる息子が甲状腺癌となり、私の心は泣き叫びたい気持ちでいっぱいでした。

(女性・63才)

 

息子が突然の病に・・・

 我家は35年前、主人と2人で商売を始めました。今では息子夫婦も一緒に頑張ってくれております。

 先日、息子が喉の痛みで病院に行き、検査の結果、甲状腺癌ですと告げられました。「エッ!自分の子供が癌、癌!うそでしょう!何で何でぇ」と泣き叫びたい心になりました。

 すぐに陽美子先生にお通し頂き、お導きを受けました。先生は「原点に戻りましょうね。あなたは何を思って商売を始めたのですか?」と思ってもいないことを聞かれビックリしました。「商売が上手くいったらいいな。どうぞ儲かりますように」と思ったことを話しました。

 先生より「儲かることも、もちろん大事ですが、御先祖様のお蔭様で商売ができたのですよ。その謙虚さに気づくために息子さんが、わざわざ病気になって教えて頂いているのですよ」とお導きを頂き、息子の病気を通して、親として気づかない心を教えて頂きました。

 そして「息子さんと会いましょうね」と優しい先生のお言葉に、胸が一杯になり涙が出ました。 

 

川の清めをして

 息子も、とても喜んでお導きを受けさせて頂きました。陽美子先生は、息子の気持ちや体調のことを丁寧に聞かれ背中を撫でて「軽いようですね」と言って頂き、先生の一言にホッと致しました。

 そして、息子夫婦に「家の前の川と源流に行ってお塩と御霊水でお清めし、『世のため人のために働かさせて頂きます』と祈願してください」とお導き頂きました。直ぐに川の源流に行き、「お清めをして祈願してきたよ」と元気な声で帰って来ました。表情も穏やかになり、私も安心しました。

 

早起きの決心をして

 陽美子先生より更に「息子さんのことを一番心配しているのは、ご主人ですよ。自分だけが心配していると思いこんでいませんか」と言って頂き、本当に主人の気持ちを大事にしておりませんでした。そんな私でも何かできる事があるのではと思い、早起きの決心をしました。

 それから数日して手術の日が来ました。病院の先生から、「神経を触るので後遺症が出ることがあります」と聞かされていましたが、術後、直ぐに執刀医から「神経には全然触っていませんよ。大丈夫ですよ」と言って頂き、本当にお蔭様を頂きました。

 先日より、まだ明けやらぬ神宮寺の朝参りご奉仕に、お詫びと感謝の心で通わせて頂いています。大自然界の中で神様に守られているありがたさを身をもって感じる毎日です。これからも、朝参りを続けさせて頂き一日一日を大切に精進させて頂きます。

 陽美子先生、御先祖様、導きの親、ご縁の皆様のお蔭様と感謝申し上げます。

おかげ話一覧へ

アクセス

宗教法人根本山宝満堂

所在地
〒811-2114
福岡県糟屋郡須恵町上須恵63-5