宗教法人根本山宝満堂

昭光
世の中を照らす
光は我が心にあり

宝満堂とは

宝満堂がどういう経緯で誕生したのか、ということを概略でお伝えしましょう。
昭和の終わり頃、山下陽美子という一人の若い主婦がいました。彼女は平凡で幸せな結婚生活を送っていました。ところが、子どもが成長するにつれて次々と身辺に困った問題が起き、また自分も治りにくい病気にかかったため、人に勧められるままにある宗教家を訪ねました。するとその人が言うには「あなたは並みの人間ではない。神仏とつながる資質がある」と・・。思ってもいなかったことを言われて彼女は驚きます。
そして、平成元年、山下陽美子は本当に神の御言葉を聴くようになりました。やがて、神さまが命じるままに、世のため人のために働こうと彼女は決意します。
自分がどんなに辛いときでも、病気の人があれば治す、困っている人があれば解決法を教える・・この゛不思議な能力を持つ山下さん゛の評判はしだいに広まり、平成2年の初め、福岡県粕屋郡篠栗町に4畳半一間の御導き所を開くに至りました。
翌年には一軒家を借りて須恵町佐谷に移転。しかし、そこも多いときは一日二百人という人であふれ返り、平成6年には須恵町須惠に御堂が建てられました。そしてさらに発展して平成12年には須恵町上須惠、若杉山の南麓に『根本山 宝満堂』という大きな御堂が完成したのです。
いま宝満堂は午前5時から夕方まで毎日何百人もの人たちが出入りしお参りし、気持ちを浄化する、みんなの「こころの故郷」になっています。

活動について

教祖 山下陽美子

宝満堂の毎日は苦難や借金や病気を“きっかけ”にして自分自身の心の在りように気づき、それをあらためることによって、まったく新しい、嬉しい、輝かしい人生を手に入れようという、自己改革のご修行の場です。
毎日、午前5時半からお祈り。6時からお説法が行なわれます。
その後は“法座”の輪で個人的な悩みや質問などをみんなで語り合い、法座主の助言をもらう時間がゆっくりと流れます。
お昼には宝満堂の農園で採れたお野菜のてんぷらなど美味しい自家製弁当が待っています。
陽美子先生から『掃き行』をいただいた方は境内を掃きながら、『拭き行』をいただいた方はお堂を拭きながら、自分の心に気づかせていただくのです。

今月の行事

今月の行事一覧へ

年間祭事

出版物のご案内

陽はのぼる 全巻1巻〜6巻 
定価各1,000円
第1巻 人生が輝く喜びの言葉
第2巻 幸せを呼ぶ言葉
第3巻 ハイと言う宝物の言葉
第4巻 明日をひらく優しい言葉
第5巻 喜びの人生に出会う言葉
第6巻 感謝の心に包まれた言葉

毎日毎日の人間としての日々の積み重ねが花開く時期になってまいりました。
 これより先の世は理屈ではありません。自分の心を正していきさえすれば、道が開ける時代でございます。
 明るく素直に正直に、一人ひとりのお方のお心が清まっていくならば、必ずや今以上の幸せを頂かれるはずでございます

祈り 創刊号〜第6号 定価各630円

インド小学校だより

インド小学校だより一覧へ

おかげ話

〔「三年辛抱してね、娘さんの言葉に合わせていくのですよ」

不安や悩みの多い現代社会をどう生きるか?

神様仏様は、それをどう教えて頂いているのか? 

 

 

 

 幸せな暮らしを頂いていることに日々感謝感謝でした。それから二年位して、娘夫婦の仲がギクシャクしてきました。

(女性・60才)

 

80年ぶりに男の子を授かる

 さらに新築の家を建てて「母も私も一緒に住みましょう」と同居の話を頂きました。

 孫も女の子2人授かった後、何と我が家系にとって80年ぶりに男の子を授かりました。幸せな暮らしを頂いていることに日々感謝感謝でした。

 それから2年位して、娘夫婦の仲がギクシャクしてきました。毎日のように喧嘩する声が聞こえてきました。その影響で孫3人が私の部屋によく来るようになりました。

 

家の中は崩壊寸前

 そして、とうとう娘の口から「別れたい」という言葉が出てきました。私はその言葉を聞いて、「家を建てたばかりで、ローンはどうやって払うの!」と不安で一杯になりましたが、娘夫婦の仲は一向に良くなる風でもなく、家の中は崩壊寸前でした。私の心はどん底に突き落とされた苦しい毎日でした。

 そんな苦しい心を陽美子先生より一つひとつお導きを頂きました。「親が信仰してありますよ。必ず良い方になりますよ。3年辛抱してね。娘さんの言葉に合わせていくのですよ」そのお言葉を信じさせて頂いた日々でした。

 そして「合わせていくんだ。合わせていくんだ」という言霊を一生懸命、心(しん)に入れさせて頂くよう、何度も何度も唱えさせて頂いておりました。その後、再び娘が「別れたい」と言ったとき、「そうね、あなたもつらいよね。いいよ」と初めて娘の言葉、心に合わせることができました。

 なぜか不思議なことに娘はそれ以降、別れたいと言うこともなく、夫婦仲も少しずつ少しずつ良い方になってきたように思います。

 陽美子先生のお導き通り、3年経った頃、娘婿の言葉の音色が変わってきました。「お母さん、すみません。いつも子供達を見てもらってありがとうございます」と言ってくれました。私は何にもできていないのに本当にありがたいと心から思いました。

 

神様を信じきった母のお蔭で!

 陽美子先生から「あなたのお母さんは神様が一番、神様が一番、神様事をしていたら間違いない!と神様を信じきった方ですよ。信仰しなさい、信仰しなさいと後押しして頂いていますよ」と教えて頂いておりました。本当に母の信心のお蔭様と母の信心を拝み、娘夫婦から合わせることの大切さを教えて頂きました。

 先日はお婿さんが、何も言わないのに初めて庭の木の剪定をして頂きました。また、鯉のぼりも揚げて頂きました。

 御神仏様、御先祖様、陽美子先生のお導きのお蔭様です。これからも母の信心のご縁を大切に繋いでいくことを精進させて頂きます。

 

「妻も苦しかっただろうなぁ…。妻の親にも心配かけたなぁ…。」

不安や悩みの多い現代社会をどう生きるか?

神様仏様は、それをどう教えて頂いているのか? 

 

 

 

 仕事も家庭も順調にいっていると思っていましたが、妻にとっては初めての土地で、友達もおらず、段々元気がなくなってきました。

(男性・41才)

 

妻から離婚したい

 15年ほど前に、職場より転勤の辞令が出て、福岡から遠い県外へ赴任しました。そこで妻と知り合い結婚し、子供も2人授かって、幸せに暮らしておりました。それから数年して、福岡の本社に戻るよう辞令が出て、家族揃って帰ってきました。

 私にとっては、生まれ育った福岡であり、家族や親戚もおり、仕事も家庭も順調にいっていると思っていましたが、妻にとっては初めての土地で、友達もおらず、段々元気がなくなってきました。

 おまけに、私は仕事で帰りが遅くなることもあって、気がついたときは、妻は精神的な病になっており、私に「福岡に来たせいで、こんな病気になってしまった。私の地元に一緒に帰るか離婚するか、どっちかに決めて欲しい」と言われました。

 

「あなたが神様に謝りましょうね」

 突然のことで、只うろたえるばかりで、子供のことを考えると離婚することもできず、どうしたらいいのかと陽美子先生にお尋ね致しました。

 先生からは「昔は女性から離婚と言ったら、大変でしたよね。でも神様は、自分が変われば必ず善き方になると教えて頂いています。

 あなたが神様に謝りましょうね。『妻に離婚したいと言わせてしまいました、すみません』と、一生懸命謝りましょう。あなたの、『奥さんが悪いと指差す心』を、くるっとひっくり返して、自分が悪かったと頭を下げましょうね。

 神様仏様の願いは、目の前の方の言葉を大切にして謙虚になることなんですよ。きっと奇跡が起きると思いますよ」とありがたいお導きを頂きました。

 そのお導きを頂いた途端、それまで我がまま勝手なことを言う妻を責めていましたが、逆に「妻も苦しかっただろうなぁ。妻の親にも心配かけたなぁ」と相手のことを思うと、温かい心がじわーっと湧き起こり、心から神様にお詫びすることができました。心の中にあった相手を恨む心をスーッと取って頂いたような気持ちになりました。

 

奇跡!!

 その翌日、本当に奇跡が起きました。妻と妻の親と一緒に話し合った結果、離婚ではなく、しばらく別居することになりました。それも、妻が実家に帰るのではなく、妻と子供はそのまま今の家に残り、私が実家に帰ることになったのです。

 最近では、キッズスマホを買ってもらった娘からもラインが入るようになり、話もできるようになりました。家族と一緒に暮らすことが当たり前と思っていましたが、離れてみて初めて、当たり前のことは何一つなく、家族が和になるために自分自身が思いやりの心を持つことが大切と気づかせて頂きました。

 お導きに感謝申し上げます。

おかげ話一覧へ

アクセス

宗教法人根本山宝満堂

所在地
〒811-2114
福岡県糟屋郡須恵町上須恵63-5