宗教法人根本山宝満堂

昭光
世の中を照らす
光は我が心にあり

宝満堂とは

宝満堂がどういう経緯で誕生したのか、ということを概略でお伝えしましょう。
昭和の終わり頃、山下陽美子という一人の若い主婦がいました。彼女は平凡で幸せな結婚生活を送っていました。ところが、子どもが成長するにつれて次々と身辺に困った問題が起き、また自分も治りにくい病気にかかったため、人に勧められるままにある宗教家を訪ねました。するとその人が言うには「あなたは並みの人間ではない。神仏とつながる資質がある」と・・。思ってもいなかったことを言われて彼女は驚きます。
そして、平成元年、山下陽美子は本当に神の御言葉を聴くようになりました。やがて、神さまが命じるままに、世のため人のために働こうと彼女は決意します。
自分がどんなに辛いときでも、病気の人があれば治す、困っている人があれば解決法を教える・・この゛不思議な能力を持つ山下さん゛の評判はしだいに広まり、平成2年の初め、福岡県粕屋郡篠栗町に4畳半一間の御導き所を開くに至りました。
翌年には一軒家を借りて須恵町佐谷に移転。しかし、そこも多いときは一日二百人という人であふれ返り、平成6年には須恵町須惠に御堂が建てられました。そしてさらに発展して平成12年には須恵町上須惠、若杉山の南麓に『根本山 宝満堂』という大きな御堂が完成したのです。
いま宝満堂は午前5時から夕方まで毎日何百人もの人たちが出入りしお参りし、気持ちを浄化する、みんなの「こころの故郷」になっています。

活動について

教祖 山下陽美子

宝満堂の毎日は苦難や借金や病気を“きっかけ”にして自分自身の心の在りように気づき、それをあらためることによって、まったく新しい、嬉しい、輝かしい人生を手に入れようという、自己改革のご修行の場です。
毎日、午前5時半からお祈り。6時からお説法が行なわれます。
その後は“法座”の輪で個人的な悩みや質問などをみんなで語り合い、法座主の助言をもらう時間がゆっくりと流れます。
お昼には宝満堂の農園で採れたお野菜のてんぷらなど美味しい自家製弁当が待っています。
陽美子先生から『掃き行』をいただいた方は境内を掃きながら、『拭き行』をいただいた方はお堂を拭きながら、自分の心に気づかせていただくのです。

今月の行事

今月の行事一覧へ

年間祭事

出版物のご案内

陽はのぼる 全巻1巻〜6巻 
定価各1,000円
第1巻 人生が輝く喜びの言葉
第2巻 幸せを呼ぶ言葉
第3巻 ハイと言う宝物の言葉
第4巻 明日をひらく優しい言葉
第5巻 喜びの人生に出会う言葉
第6巻 感謝の心に包まれた言葉

毎日毎日の人間としての日々の積み重ねが花開く時期になってまいりました。
 これより先の世は理屈ではありません。自分の心を正していきさえすれば、道が開ける時代でございます。
 明るく素直に正直に、一人ひとりのお方のお心が清まっていくならば、必ずや今以上の幸せを頂かれるはずでございます

祈り 創刊号〜第6号 定価各630円

インド小学校だより

インド小学校だより一覧へ

おかげ話

「任せるよ」と言われたら尋ね聞いていくことですよ

不安や悩みの多い現代社会をどう生きるか?

神様仏様は、それをどう教えて頂いているのか? 

 

 

 

 花作りを独学で勉強して頑張ってきましたが、なかなか儲かりません。

(男性・53才)

 

「親孝行しない者は・・・」

 我家は農業を営んでいます。私は長男ですが、幼い頃より、弟達と比べられたことで父を嫌い、一緒の仕事をしたくないという心から、花作りを始めました。とは言え、花作りの事は何もわからないので、農協の方に相談しながら、独学で勉強して頑張ってきましたが、なかなか儲かりません。

 教祖様にお尋ねさせて頂くと、「親孝行しない者は、天から何も授けて頂けませんよ。親を嫌ったことを反省して、土地の祓いと苗の祓いをしましょうね」とお導き頂きました。それから毎月、神宮寺に苗を持参し、祓い清めのご縁を頂いています。

 先日、お導き頂いた時、「あなたのお父さんは、土地にも野菜にも、愛情が深いですね。それを思ったことがありますか?親の愛情があるから、花が立派に育っていますよ。お父さんのお蔭で儲かりますよ」と教えて頂きました。

 その言葉を聞いて、父が汗水流して働いている姿を思い出して、ハッとしました。父のお蔭で、私の花までお蔭を頂いていると思うと、父を嫌ったことを初めて申し訳なく思いました。

 

親孝行できません

 少しでも、親孝行をさせて頂きたいと思い、お堂にお願いして、父が作ったピーマンを時々お堂で販売させて頂いております。皆さんからは、「美味しい」と嬉しい言葉をたくさん頂いています。

 教祖様より「よかったですね。皆さんが美味しいと言っていたよと、お父さんに伝えていますか?」と聞かれ、「それが、どうしても言えません」と答えました。親孝行できるようになったと思っていましたが、父を喜ばせる言葉が言えない自分が、まだまだだということに気づかせて頂きました。

 「いつか必ず言えるようになりますよ。親孝行できるようになったという言葉を、親孝行できませんと頭が下がる言葉に替える努力をしましょうね」とお導き頂き自分の言葉に恥ずかしくなりました。

 

「トマトはどこに出荷しようか?」

 最近、父が作っているトマトを市場に持っていく手伝いをさせて頂いています。父のトマトは、美味しいと好評ですが、形が不揃いなので、もう少し儲けを考えて、高く売れるトマトを作ってもらいたいと、父に対して欲の心が出ることを、お尋ねさせて頂きました。

 教祖様より、「あなたはお父さんに、今日のトマトは、どこに出荷しようかと、一つ一つ尋ね聞いていますか」と聞かれました。私は、父から「おまえに任せるよ」と言われているので、自分が判断していいと思い、一度も尋ねたことがありませんでした。

 「『任せるよ』ということは、尋ね聞いていくことですよ。それが敬うことに繋がっていきますよ。あなたがそこに気づかないから、天があなたの商売も手伝って頂けないのですよ。天を味方にする言葉を出す苦労をしましょうね」と、お言葉を頂き、野菜も花も、良いものを作れば売れると思っていた自分の考えが、全然違っていました。

 父との会話を避けている自分ですが、「今日のトマトはどこに出荷しようか」という言葉なら出せる気がします。なかなか父を敬えませんが、一言の言葉を出せるよう、努力してまいります。

 お導きありがとうございました。

心に響く光のお説法

教祖様の体験

 

 

娘から、自分の出した言葉を教えられ

 娘20才のころ、友達に誘われて、講演を聞きに行くと言いました。どんな話か聞いてみると、どうもねずみ講の話のようです。私は、経験も浅い娘が話を聞いたら、すぐに乗ってしまうと心配し、「行ったらダメよ」と言いました。
 その時、娘から「お母さん、私は友達から誘われたから、話を聞きに行くと言っただけよ」と言われ、ハッとなりました。
 お説法の言葉を思い出しました。『子供の言葉は、神・仏の言葉』そうなんです。聞きに行くと言っただけなので、「そうね」と受け入れればいいものを、勝手にその先を想像して、余計なことを言ってしまいました。そのことを娘の言葉で気づかされました。
 私の言葉が多いと、娘の行動範囲を狭くしてしまい、小さい人間にしてしまうのだと。せっかくの友達の縁まで、全部私の言葉で悪縁にしてしまう怖さを知りました。

 

娘の前に神様が現れて

 数年後、娘がフランスに一人で旅行に行った時のことです。帰国の途につこうとした時、そこで突然大きなデモに合い、人ごみに巻き込まれて、右も左も全くわからず、飛行機の時間は迫ってくるしで、パニックになっていました。そんな状況の中、一人の外国人の方が、「こっちにおいで」と呼びかけて頂き、その方についていくと、危機一髪のところを飛行機に乗ることができ、無事帰国できました。

 あとで娘からその話を聞き肝が冷えました。目の前に神様が現れて、助けて頂いたのだと、心から感謝しました。

 

人生は言葉で創られる 

 子供達が、良き縁に出会うかどうかは、全部、親である私の出した言葉で創られるのです。自分がどんな言葉を出しているか、私もなかなか気づきません。だから、目の前の方の言葉を大切に聞かせて頂こうと思っています。

 心の誓いの一つ、『人様の言葉を大切に聞かせて頂きます』この言葉を、一生懸命に大事にしてきました。

 皆さんは、私が何でも知っていると思っているようですが、私は何も知らないんです。

 人様の言葉の中から、智慧を頂いているんです。答えは必ず相手が持っているんですよ。私が「騙されたらどうするの」と言うから、騙される縁に出会って、悩みができるんです。子供が小さい時に母が「子供が、必ず世のため人のためと働く子になりますように」この言葉を毎日念じていきなさいと、教えてくれました。親が神様に届く良き言葉を念じていくと大事な時に、神様が目の前に現われて救ってくださる体験をしました。

 良いことも悪いことも自分の出した言葉通りの結果を頂くんだと教えて頂きますよ。皆さんも、目の前の方が、どんな言葉を言っておいでになるか、大切に聞いてみてください。自分が人のせい、物のせい、親のせい、国のせいにしている言葉を使っていることに気づくことができます。人生の仕組みが分かってくるので、段々面白くなってきますよ。

 自分の人生も、子供の人生も、『人生は、言葉で創られる』このことに気づいて、言葉を大事にしていきましょうね。一生懸命、言葉を学んでいきましょうね。

おかげ話一覧へ

アクセス

宗教法人根本山宝満堂

所在地
〒811-2114
福岡県糟屋郡須恵町上須恵63-5