宗教法人根本山宝満堂

昭光
世の中を照らす
光は我が心にあり

宝満堂とは

宝満堂がどういう経緯で誕生したのか、ということを概略でお伝えしましょう。
昭和の終わり頃、山下陽美子という一人の若い主婦がいました。彼女は平凡で幸せな結婚生活を送っていました。ところが、子どもが成長するにつれて次々と身辺に困った問題が起き、また自分も治りにくい病気にかかったため、人に勧められるままにある宗教家を訪ねました。するとその人が言うには「あなたは並みの人間ではない。神仏とつながる資質がある」と・・。思ってもいなかったことを言われて彼女は驚きます。
そして、平成元年、山下陽美子は本当に神の御言葉を聴くようになりました。やがて、神さまが命じるままに、世のため人のために働こうと彼女は決意します。
自分がどんなに辛いときでも、病気の人があれば治す、困っている人があれば解決法を教える・・この゛不思議な能力を持つ山下さん゛の評判はしだいに広まり、平成2年の初め、福岡県粕屋郡篠栗町に4畳半一間の御導き所を開くに至りました。
翌年には一軒家を借りて須恵町佐谷に移転。しかし、そこも多いときは一日二百人という人であふれ返り、平成6年には須恵町須惠に御堂が建てられました。そしてさらに発展して平成12年には須恵町上須惠、若杉山の南麓に『根本山 宝満堂』という大きな御堂が完成したのです。
いま宝満堂は午前5時から夕方まで毎日何百人もの人たちが出入りしお参りし、気持ちを浄化する、みんなの「こころの故郷」になっています。

活動について

教祖 山下陽美子

宝満堂の毎日は苦難や借金や病気を“きっかけ”にして自分自身の心の在りように気づき、それをあらためることによって、まったく新しい、嬉しい、輝かしい人生を手に入れようという、自己改革のご修行の場です。
毎日、午前5時半からお祈り。6時からお説法が行なわれます。
その後は“法座”の輪で個人的な悩みや質問などをみんなで語り合い、法座主の助言をもらう時間がゆっくりと流れます。
お昼には宝満堂の農園で採れたお野菜のてんぷらなど美味しい自家製弁当が待っています。
陽美子先生から『掃き行』をいただいた方は境内を掃きながら、『拭き行』をいただいた方はお堂を拭きながら、自分の心に気づかせていただくのです。

今月の行事

今月の行事一覧へ

年間祭事

出版物のご案内

陽はのぼる 全巻1巻〜6巻 
定価各1,000円
第1巻 人生が輝く喜びの言葉
第2巻 幸せを呼ぶ言葉
第3巻 ハイと言う宝物の言葉
第4巻 明日をひらく優しい言葉
第5巻 喜びの人生に出会う言葉
第6巻 感謝の心に包まれた言葉

毎日毎日の人間としての日々の積み重ねが花開く時期になってまいりました。
 これより先の世は理屈ではありません。自分の心を正していきさえすれば、道が開ける時代でございます。
 明るく素直に正直に、一人ひとりのお方のお心が清まっていくならば、必ずや今以上の幸せを頂かれるはずでございます

祈り 創刊号〜第6号 定価各630円

インド小学校だより

インド小学校だより一覧へ

おかげ話

苦を乗り越え、親孝行な娘に

 

不安や悩みの多い現代社会をどう生きるか?

神様仏様は、それをどう教えて頂いているのか? 

 

 明るく元気だった娘が、ある日を境に突然「死にたい」と言うようになりました。お導きを頂いて、娘を追い込んでしまったのは私自身だったと気づかせて頂き、あれから七年、お蔭様で再び娘に笑顔が戻り、元気に働かさせて頂けるようになりました!

(福岡市・主婦・61才)

 

明るく天真爛漫な娘が

 私は娘が五才の時に離婚し、その後、再婚してもうまくいかず、主人のことで悩んでも、娘は反抗期もなくて、心配したことは一度もありませんでした。
 しかし、八年程前、教祖様から「娘さんに手がかかるようになりますよ。もう何もかも嫌になって、人のことなど考えられなくなりますよ」とのお導きにビックリ仰天しました。
 その頃娘には交際している人がいて、夜中に出て行ったり、家に帰ってこないこともあって、お尋ねすると「この方との縁はないですよ。でも、娘さんがこのようなご縁に出会ったのも、あなたがあまりにもご主人を憎んでいたからですよ」とのこと。
 結婚している間、とにかく主人を憎み、離婚してからも歯がゆいことばかりが思い出され、その心を反省することをお導き頂きました。

 

「性格が変わっていくようだ」
 その後、教祖様のお言葉通り、娘はその方と別れたのですが、段々元気がなくなり、仕事も辞めて家に引きこもり、鬱のような状態になってしまいました。ついには「自分の性格が変わっていくようだ。生まれて来なければ良かった。死にたい」と言うようになったのです。
 私が仕事から帰ると部屋は真っ暗、自殺でもしているのではと、ドアを開けるのが怖い時が何回もありました。娘から「こんなになったのもお母さんのせいだ」と言われ、過食症と拒食症を繰り返す娘の姿を毎日見る私も鬱のようになりました。

 

自分勝手に生きたことを気づく
 教祖様は「娘さんは、小さい頃からとても寂しい思いをしていますよ」と仰いました。私は離婚して仕事は頑張りましたが、恥ずかしい話、娘一人留守番させて、独身気分でよく遊びに出かけました。今思えば非行に走らなかったのが不思議なくらいです。娘を苦しめ、追い込んでしまったのは私自身だと気づかせて頂きました。
 母が亡くなる前、「私が死んでもあなた達には宝満堂がある。教祖様がいらっしゃるから安心だ」とよく言っていたことを思い出し、ずっと親不孝してきたことが申し訳なく、心からお詫びさせて頂く毎日でした。

 

初出勤、感謝と嬉しさにあふれた夜
 先日、教祖様より「亡くなったお母さんがしっかり守ってありますよ。娘さん、もうすぐ働きますよ。笑顔が見えます。この子はお母さんが大好きです。親孝行されますよ。よかったですね」と嬉しいお言葉を頂きました。
 それから一ヶ月後、教祖様のお言葉通り、お蔭様で娘は友人の紹介で勤めに出るようになりました。
 初出勤の日、明るく元気に帰ってきた姿を見て、御神仏様、教祖様への感謝の気持ちと嬉しさで胸がいっぱいになり、朝まで眠れませんでした。
 素晴らしい宝満堂、教祖様とのご縁がなかったら、いつまでも間違った考え方で人を憎み、人のせいにしていたと思います。こうしてお蔭様を頂けることが、夢のようです。教祖様、そして励ましてくださいました皆様、本当にありがとうございました。
 これからもよろしくお願い致します。

大宇宙を変えていく誠の心

山下陽美子著『陽はのぼる』第6巻より

 

不安や悩みの多い現代社会をどう生きるか?

神様仏様は、それをどう教えて頂いているのか? 

 

 

 この世には神仏が生き生きとして自分という人間を守って頂いております。ますますその神仏の光が強くなってまいります。

 ありがたいことに、これから先の世の中は光の世の中。自分という人間をすぐ目の前で、すぐ近くで、神様が仏様がしっかりと守って頂いていることに気づきましょう。

 この宝満堂のご縁、なぜここに宝満堂という素晴らしいお堂が、またお宮がこの地になぜ出現したか、現れ出たか申し上げましょう。

 それは誠の心。誠の心に誠の心は集まってくるお堂であり、お宮なのです。誠の心無きお方はこのお堂には出入りはできません。

 誠の心があれば、誠の心に、また誠の心は次々と集まって、素晴らしい光を発していくのです。そして家庭が変わり世の中が変わっていくのです。

 不思議とは思いませんか。自分という人間がなぜこの、このご縁を授けて頂いたか、今に分かるときがまいりましょう。

 お堂に縁があって良かった、今まで教えを授けて頂いて良かったと、必ず今以上に大きく大きく感じるときがまいりましょう。

 もうそのご縁が目の前です。そのご縁が目の前に迫ってまいりました。誠の心無きお方は縁を授かることはできません。

 御先祖様の德のお蔭様、そして自分というこの人間が誠の心を忘れずして良かったと、自分の魂に感謝をなさっていかれますように。その誠の心にまた誠の心を持ったお方が、あなたの周りにご縁を頂いていかれることでしょう。

 誠の心とは大宇宙を変えていく素晴らしい心です。

 みんな一人ひとりにお役があります。この世に命を授けて頂いて、誠の心を持った一人ひとりのあなたにお役があるのです。どんなお役であるか、感謝のお役です。

 どんなに苦しいことがあっても、ありがたいなという信仰のご縁を頂き、ありがたいな、命を頂きありがたいな、歩ける足を頂いてありがたいなと、感謝の誠の心に人が集まってくるのです。

 もう目の前に素晴らしい神様の姿が見えるはずです。この世に命を頂いて、神の姿に出会うということは、それはそれはありがたいありがたい、ありがたい自分の誠のご縁なのです。

 喜び合いましょう。今世に命を頂き、このようにして神仏のご縁を頂いたこのご縁に感謝を致しましょう。

 一人ひとりの誠の心が素晴らしい神の光を頂いていること、もう目の前に迫ってまいりました。

 ありがたいありがたい、ありがたいありがたい命を頂いております。感謝感謝で今日も一日、暮らしていきましょう。

おかげ話一覧へ

アクセス

宗教法人根本山宝満堂

所在地
〒811-2114
福岡県糟屋郡須恵町上須恵63-5