宗教法人根本山宝満堂

昭光
世の中を照らす
光は我が心にあり

宝満堂とは

宝満堂がどういう経緯で誕生したのか、ということを概略でお伝えしましょう。
昭和の終わり頃、山下陽美子という一人の若い主婦がいました。彼女は平凡で幸せな結婚生活を送っていました。ところが、子どもが成長するにつれて次々と身辺に困った問題が起き、また自分も治りにくい病気にかかったため、人に勧められるままにある宗教家を訪ねました。するとその人が言うには「あなたは並みの人間ではない。神仏とつながる資質がある」と・・。思ってもいなかったことを言われて彼女は驚きます。
そして、平成元年、山下陽美子は本当に神の御言葉を聴くようになりました。やがて、神さまが命じるままに、世のため人のために働こうと彼女は決意します。
自分がどんなに辛いときでも、病気の人があれば治す、困っている人があれば解決法を教える・・この゛不思議な能力を持つ山下さん゛の評判はしだいに広まり、平成2年の初め、福岡県粕屋郡篠栗町に4畳半一間の御導き所を開くに至りました。
翌年には一軒家を借りて須恵町佐谷に移転。しかし、そこも多いときは一日二百人という人であふれ返り、平成6年には須恵町須惠に御堂が建てられました。そしてさらに発展して平成12年には須恵町上須惠、若杉山の南麓に『根本山 宝満堂』という大きな御堂が完成したのです。
いま宝満堂は午前5時から夕方まで毎日何百人もの人たちが出入りしお参りし、気持ちを浄化する、みんなの「こころの故郷」になっています。

活動について

教祖 山下陽美子

宝満堂の毎日は苦難や借金や病気を“きっかけ”にして自分自身の心の在りように気づき、それをあらためることによって、まったく新しい、嬉しい、輝かしい人生を手に入れようという、自己改革のご修行の場です。
毎日、午前5時半からお祈り。6時からお説法が行なわれます。
その後は“法座”の輪で個人的な悩みや質問などをみんなで語り合い、法座主の助言をもらう時間がゆっくりと流れます。
お昼には宝満堂の農園で採れたお野菜のてんぷらなど美味しい自家製弁当が待っています。
陽美子先生から『掃き行』をいただいた方は境内を掃きながら、『拭き行』をいただいた方はお堂を拭きながら、自分の心に気づかせていただくのです。

今月の行事

今月の行事一覧へ

年間祭事

出版物のご案内

陽はのぼる 全巻1巻〜6巻 
定価各1,000円
第1巻 人生が輝く喜びの言葉
第2巻 幸せを呼ぶ言葉
第3巻 ハイと言う宝物の言葉
第4巻 明日をひらく優しい言葉
第5巻 喜びの人生に出会う言葉
第6巻 感謝の心に包まれた言葉

毎日毎日の人間としての日々の積み重ねが花開く時期になってまいりました。
 これより先の世は理屈ではありません。自分の心を正していきさえすれば、道が開ける時代でございます。
 明るく素直に正直に、一人ひとりのお方のお心が清まっていくならば、必ずや今以上の幸せを頂かれるはずでございます

祈り 創刊号〜第6号 定価各630円

インド小学校だより

インド小学校だより一覧へ

おかげ話

跡継ぎのご縁を頂きました

不安や悩みの多い現代社会をどう生きるか?

神様仏様は、それをどう教えて頂いているのか? 

 

 跡継ぎの大切さ、絶家の大変さを丁寧にご指導お導き頂きまして20年。老母の願いが叶い、お蔭様で心配していた跡継ぎを頂くことになり、我が家にとって喜び喜びとなりました。

(福岡市・女性・60才)

 

母の口癖

 私は3姉妹の次女です。姉は早くに嫁ぎ、妹は小さい時から病気がちで、22才の若さで亡くなりました。

 必然的に私が家の跡を取るようになり、主人に養子に来て頂きました。女の子を2人授かった後、離婚してしまいました。

 当時、いろんな苦がある中、母は妹の病のことで信仰の道を求めていました。

 「信心していかないと家はならん!御先祖様に喜んで頂かないと家はならん!」と、これが母の口癖で家のため、子孫のためと一心不乱に信心を貫いてきました。

 

跡継ぎを願って

 そんな折、教祖様にご縁を頂き、20年になります。跡取りの大切さ、絶家の大変さを教え導いて頂きました。

 それにも関わらず、私は娘を嫁がせてしまい、我が家の跡取りはどうなるのだろうと不安になりましたが、教祖様は優しく「大丈夫ですよ。お母さんの信心が花開く日が必ず来ますよ。御先祖様に働いて頂きましょうね。御先祖供養を重ねてくださいね」とお導き頂きました。

 そのお言葉を信じ、ご供養を重ねさせて頂き、ご奉仕のご縁を大切にさせて頂いております。

 

母の信仰のお蔭様

 先日、突然次女の婿から、「養子に入って家を建て替え、一緒に住みましょう!」と言ってきました。思いがけない言葉にただただ驚き、感謝感謝です。年老いた母も大変喜んでおりました。

 教祖様にお伝えさせて頂くと、「よかったですね。一心に信仰を続けて頂いたお母さんのお蔭様ですよ。立派な跡継ぎさんになられますよ。一つひとつ整っていきますね。信心のお蔭で土地も、お金も、人とのご縁も授かりますよ。信心のご縁を繫いでいきましょうね」とありがたいお言葉を頂きました。

 お言葉通り、一つひとつを整えて頂き、家を新築する運びとなりました。先日、親子4代が集まって、長年住まわせて頂いた家とのお別れ会をさせて頂きました。

 母を中心に集合写真を撮り、柱一本一本を撫で、ありがたい時間を過ごさせて頂き、それから解体の運びとなりました。

 我が家が今あるのは、母の信心と教祖様のみ教えのお蔭様です。心より感謝申し上げます。

 母には何一つ親孝行できておりませんが、これからは、母の思いを大切に信心を繫いでいくことが親孝行と思い、一生懸命精進させて頂きたいと思います。

 御神仏様、御先祖様、教祖様、今後ともお導きの程よろしくお願い申し上げます。

 本当にありがとうございました。

内助の功で商売繁盛!

不安や悩みの多い現代社会をどう生きるか?

神様仏様は、それをどう教えて頂いているのか? 

 

 大きな取引先の突然の倒産で、会社が連鎖倒産の危機に、「女であるあなたが経営に口を出してはいけませんよ・・・」と、教祖様のお導きのお蔭様で会社の命をお救い頂きました。

(糟屋郡・主婦・56才)

 

順調な会社経営

 主人は10名ほどの従業員を雇い、会社を経営させて頂いております。

 夫婦2人から始めた商売で、山あり谷ありでしたが、教祖様から、先祖供養や土地の祓いの大切さをお導き頂き、良き人材、良き取引先のご縁に感謝の心を持つことを教えて頂きました。経営もお蔭様で安定してきていました。

 そんな時、ご奉仕の御役を頂きました。これはありがたい御先祖様の尊いお德のお蔭様で授けて頂くことができたのだと思い、不慣れな私ですが一つひとつ教えて頂きながらの御役でした。

 御役をさせて頂く中で、お説法の話を詳しく教えて頂いたり、お蔭様を頂いた信徒の方々の喜びの声を聞かせて頂いたりすることがとても勉強になり、ただただありがたく学ばせて頂きました。

 

まさかの坂

 御役を頂いて一ヶ月が経った頃に、取引先の会社が倒産したと連絡を受けました。大きな現場が終わったばかりで入金はまだされていない状態でした。そこからの入金がなければ、自分の会社も連鎖倒産してしまうという「まさかの坂」が突然やってきました。

 私は少しでも会社に顔を出して、主人の役に立ちたいと思いましたが、以前頂いた教祖様のお言葉は「女であるあなたが経営に口を出してはいけませんよ。心を磨いて、傍を楽にする働きをしましょうね。それが内助の功ですよ」というお導きでした。

 今がこのときだと思い、慌てる気持ち、不安な気持ちがいっぱいでしたが、私は「会社のことは社長である主人に任せよう。神様から頂いた御役を一生懸命務め、学ばせて頂こう」と念じさせて頂きました。

 

思いがけない嬉しい知らせ!

 来る日も来る日も、不安な心との戦いで、ご奉仕をさせて頂きながらも不安な気持ちを何度も出しそうになりました。その度に今こそ口の辛抱をさせて頂こう、「会社は大丈夫、大丈夫」と、何度も何度も唱えさせて頂きました。

 数ヶ月後、主人から「倒産した会社の親会社から支払いを立て替えて頂いた」という本当にありがたいありがたい知らせがあり、会社の命をお救い頂いたことを心から感謝申し上げます。

 御神仏様、御先祖様、教祖様のお導きのお蔭様で、倒産の危機を寸前で助けて頂き、ありがとうございました。信じる心の大切さをあらためて学ばさせて頂きました。

 本当にありがとうございました。

 

 

おかげ話一覧へ

アクセス

宗教法人根本山宝満堂

所在地
〒811-2114
福岡県糟屋郡須恵町上須恵63-5