宗教法人根本山宝満堂

昭光
世の中を照らす
光は我が心にあり

宝満堂とは

宝満堂がどういう経緯で誕生したのか、ということを概略でお伝えしましょう。
昭和の終わり頃、山下陽美子という一人の若い主婦がいました。彼女は平凡で幸せな結婚生活を送っていました。ところが、子どもが成長するにつれて次々と身辺に困った問題が起き、また自分も治りにくい病気にかかったため、人に勧められるままにある宗教家を訪ねました。するとその人が言うには「あなたは並みの人間ではない。神仏とつながる資質がある」と・・。思ってもいなかったことを言われて彼女は驚きます。
そして、平成元年、山下陽美子は本当に神の御言葉を聴くようになりました。やがて、神さまが命じるままに、世のため人のために働こうと彼女は決意します。
自分がどんなに辛いときでも、病気の人があれば治す、困っている人があれば解決法を教える・・この゛不思議な能力を持つ山下さん゛の評判はしだいに広まり、平成2年の初め、福岡県粕屋郡篠栗町に4畳半一間の御導き所を開くに至りました。
翌年には一軒家を借りて須恵町佐谷に移転。しかし、そこも多いときは一日二百人という人であふれ返り、平成6年には須恵町須惠に御堂が建てられました。そしてさらに発展して平成12年には須恵町上須惠、若杉山の南麓に『根本山 宝満堂』という大きな御堂が完成したのです。
いま宝満堂は午前5時から夕方まで毎日何百人もの人たちが出入りしお参りし、気持ちを浄化する、みんなの「こころの故郷」になっています。

活動について

教祖 山下陽美子

宝満堂の毎日は苦難や借金や病気を“きっかけ”にして自分自身の心の在りように気づき、それをあらためることによって、まったく新しい、嬉しい、輝かしい人生を手に入れようという、自己改革のご修行の場です。
毎日、午前5時半からお祈り。6時からお説法が行なわれます。
その後は“法座”の輪で個人的な悩みや質問などをみんなで語り合い、法座主の助言をもらう時間がゆっくりと流れます。
お昼には宝満堂の農園で採れたお野菜のてんぷらなど美味しい自家製弁当が待っています。
陽美子先生から『掃き行』をいただいた方は境内を掃きながら、『拭き行』をいただいた方はお堂を拭きながら、自分の心に気づかせていただくのです。

今月の行事

今月の行事一覧へ

年間祭事

出版物のご案内

陽はのぼる 全巻1巻〜6巻 
定価各1,000円
第1巻 人生が輝く喜びの言葉
第2巻 幸せを呼ぶ言葉
第3巻 ハイと言う宝物の言葉
第4巻 明日をひらく優しい言葉
第5巻 喜びの人生に出会う言葉
第6巻 感謝の心に包まれた言葉

毎日毎日の人間としての日々の積み重ねが花開く時期になってまいりました。
 これより先の世は理屈ではありません。自分の心を正していきさえすれば、道が開ける時代でございます。
 明るく素直に正直に、一人ひとりのお方のお心が清まっていくならば、必ずや今以上の幸せを頂かれるはずでございます

祈り 創刊号〜第6号 定価各630円

インド小学校だより

インド小学校だより一覧へ

おかげ話

病を治すのはお詫びと感謝の心

不安や悩みの多い現代社会をどう生きるか?

神様仏様は、それをどう教えて頂いているのか? 

 

【お尋ね】

 乳ガンと診断されました。なぜ自分がガンにならないといけないのか、どうしたらこの病は治るのか、どうぞお導きください。

(福岡市・主婦・48才)

 

【お導き】

 本当にこの世で一番の苦しみは病です。しかし何とかして、頑張って命を頂きたいと思うそのお心、大丈夫ですよ。心を治していけば治りますよ。

 

心の気づきで病は治る

 「病は気から」、自分の気持ちを切り替えてさえいけば病気は治ります。あなたはなぜ乳ガンにならなければならないかを申し上げましょう。あなたはご主人の言われることをハイという素直な心で、いつもいつも明るく聞いておいでになったでしょうか。

 女性にとって一番大切なところのガンとは、あなたがご主人を心から愛し、信じておいでにならないから、その現象を頂いているのだと思います。ガンとは頑固な心、人の言うことを素直に聞けない、反発する心、黙ってしまう心。このような心癖がありませんか?

 ご主人の言われることを素直にハイと言うことができたか、親の言われること、人様の言われることをハイそうですよねと言える自分であったかを気づいて頂きたいと思っております。

 

大切なのは「今日一日に感謝の心」

 そして取り越し苦労をしてはなりませんよ。このガンが転移するかも知れない、ああなるこうなると、先のことを思ってしまってはそのガンは大きく大きくなってしまいますよ。良くなる方法は、病になってどれほど親に心配をかけ親不孝してきたか気づきましょう。そして「今このような病気になっても、今日一日、命を頂いて生かされております、ありがとうございます、ありがとうございます」といつもいつも感謝を致しましょう。これが一番のガンを治す薬です。

 どんなに良き薬でも、感謝の心なくしては病というものは治りません。どのような重い病気になっても「今この命があることに感謝を致します」としっかりと祈っていくならばどんなに元気になっていくでしょうか。

 取り越し苦労するまえに「今日一日、今日一日」という大切な大切な感謝の心を忘れてはなりません。今こそ病気を通して御先祖様から感謝の心を気づいていけよという神様からの試練だと思います。

 

一つひとつお詫びの心が大切です

 今までの自分の言葉、姿を振り返って、しっかりとお詫びをなさっていかれますように。そして氏神様にお参りしてしっかりと手を合わせてください。「今まで健康に感謝がなく、身勝手な生き方をしてまいりました、申し訳ございません」というお詫びが大切です。

 さあ頑張りましょう。必ず病は治っていきますよ。そのためにも一つひとつ教え導いて頂いたことをしっかりと、ハイという素直な心をもって実行していきましょう。

 必ず必ず御先祖様が、神様が導いて頂けるあなたです。

 頑張りましょうね。

大事故を救って頂く

不安や悩みの多い現代社会をどう生きるか?

神様仏様は、それをどう教えて頂いているのか? 

 

農作業中に私の不注意で息子の足を怪我をさせてしまうという大事故を起こしましたが、教祖様のお導きのお蔭様で、息子の怪我も私の心も救われました。

(福岡市・女性・58才)

 

突然の「まさかの坂」

 主人と息子と3人で、田んぼの草切りをしていたとき、私が背負っていた草刈り機の刃が息子の右足の甲側面に20㌢ほど深く入り、2本の腱と靱帯、血管と知覚神経を切ってしまいました。救急車で運んで頂き、お蔭様ですぐに手術のご縁を頂きました。

 身の震えを抑えながら支部長へ連絡をさせて頂きました。翌朝、教祖様より「あなたは今まで田畑の不足不満を言ったでしょう。どこで不足不満を言ったのか、時として、その場所が、物が凶器に変わるんですよ」とのお導きに、今まで田畑を嫌った心得違いがこのような結果を頂いたのだと、息子、主人、御先祖様、田の神様に大変申し訳ないことをしたと、ひたすらお詫びお詫びをさせて頂いております。

 日々「人生には上り坂、下り坂、『まさかの坂』があるのですよ」とお説法を頂いておりましたが、まさか自分の手で我が子の足を傷つけてしまうとは思ってもみませんでした。

 

寸分の狂いもないお導き

 息子は怪我をした数日後、26才の誕生日を迎えたのですが、以前、教祖様より、「息子さん、25才の年は気をつけてくださいね。そして今こそ自分が勝手をしてきたことをお詫びして、御先祖供養、田の供養を重ねてください。そうしないと何か足元がさっとすくわれるのよね」とお導きを頂いておりました。

 いくつかある田のうち、お導き頂いた田んぼがまさに今回怪我をさせてしまった場所だったので、教祖様のお導きは寸分の狂いもないことを改めて思わせて頂きました。

 いつもお説法で教えて頂く「自分で蒔いた種は必ず生えて、自分の手で刈り取っていかねばならないこと」をつくづく息子の事故を通して体験させて頂きました。

 

息子の言葉に救われた

 

 振り返ると、この事故の中にも、たくさんのお蔭様を頂きました。一つは、怪我をさせた傷の場所が、ぎりぎりのところで急所を外れており、もし傷が小指に届いていたら、立つことが困難になるところでした。また、救急隊の方の的確な判断で、「筋つなぎ」の名医がおられる病院へ搬送してくださったこともお蔭様でした。

 事故直後、主人が直ぐに救急車の手配をしてくれ、息子は泣き叫ぶ私に冷静に「お母さん、落ち着いて。こんなに元気だから、大丈夫!心配しなくていいよ」と、何一つ私を責めず、どこまでもかばってくれました。息子の言葉で私の心は救われました。

根本祭の日に「息子の命の御礼」の祈願をし、神様のお言葉を授けて頂きました。

 「ありがたいですな。命拾いなさいましたな。親孝行は、どんなときにでも助けてもらいますよ。親孝行、親孝行。一番大切な親孝行の素晴らしい德を頂かれましたな。災いが必ず福となって返りますよ」と、ありがたいお言葉でした。

 この息子を授けて頂き、心から御先祖様に感謝申し上げます。お蔭様で息子は順調に回復し、仕事に復帰できました。

 教祖様、お世話になった皆様、本当にありがとうございました。心より御礼申し上げます

おかげ話一覧へ

アクセス

宗教法人根本山宝満堂

所在地
〒811-2114
福岡県糟屋郡須恵町上須恵63-5