宗教法人根本山宝満堂

昭光
世の中を照らす
光は我が心にあり

宝満堂とは

宝満堂がどういう経緯で誕生したのか、ということを概略でお伝えしましょう。
昭和の終わり頃、山下陽美子という一人の若い主婦がいました。彼女は平凡で幸せな結婚生活を送っていました。ところが、子どもが成長するにつれて次々と身辺に困った問題が起き、また自分も治りにくい病気にかかったため、人に勧められるままにある宗教家を訪ねました。するとその人が言うには「あなたは並みの人間ではない。神仏とつながる資質がある」と・・。思ってもいなかったことを言われて彼女は驚きます。
そして、平成元年、山下陽美子は本当に神の御言葉を聴くようになりました。やがて、神さまが命じるままに、世のため人のために働こうと彼女は決意します。
自分がどんなに辛いときでも、病気の人があれば治す、困っている人があれば解決法を教える・・この゛不思議な能力を持つ山下さん゛の評判はしだいに広まり、平成2年の初め、福岡県粕屋郡篠栗町に4畳半一間の御導き所を開くに至りました。
翌年には一軒家を借りて須恵町佐谷に移転。しかし、そこも多いときは一日二百人という人であふれ返り、平成6年には須恵町須惠に御堂が建てられました。そしてさらに発展して平成12年には須恵町上須惠、若杉山の南麓に『根本山 宝満堂』という大きな御堂が完成したのです。
いま宝満堂は午前5時から夕方まで毎日何百人もの人たちが出入りしお参りし、気持ちを浄化する、みんなの「こころの故郷」になっています。

活動について

教祖 山下陽美子

宝満堂の毎日は苦難や借金や病気を“きっかけ”にして自分自身の心の在りように気づき、それをあらためることによって、まったく新しい、嬉しい、輝かしい人生を手に入れようという、自己改革のご修行の場です。
毎日、午前5時半からお祈り。6時からお説法が行なわれます。
その後は“法座”の輪で個人的な悩みや質問などをみんなで語り合い、法座主の助言をもらう時間がゆっくりと流れます。
お昼には宝満堂の農園で採れたお野菜のてんぷらなど美味しい自家製弁当が待っています。
陽美子先生から『掃き行』をいただいた方は境内を掃きながら、『拭き行』をいただいた方はお堂を拭きながら、自分の心に気づかせていただくのです。

今月の行事

今月の行事一覧へ

年間祭事

出版物のご案内

陽はのぼる 全巻1巻〜6巻 
定価各1,000円
第1巻 人生が輝く喜びの言葉
第2巻 幸せを呼ぶ言葉
第3巻 ハイと言う宝物の言葉
第4巻 明日をひらく優しい言葉
第5巻 喜びの人生に出会う言葉
第6巻 感謝の心に包まれた言葉

毎日毎日の人間としての日々の積み重ねが花開く時期になってまいりました。
 これより先の世は理屈ではありません。自分の心を正していきさえすれば、道が開ける時代でございます。
 明るく素直に正直に、一人ひとりのお方のお心が清まっていくならば、必ずや今以上の幸せを頂かれるはずでございます

祈り 創刊号〜第6号 定価各630円

インド小学校だより

インド小学校だより一覧へ

おかげ話

山の木、一本一本にお詫び

不安や悩みの多い現代社会をどう生きるか?

神様仏様は、それをどう教えて頂いているのか? 

 

 

 「御先祖様申し訳ありません」と、土地を手放すときの思いが大切なことをお導き頂いて、我が家の因縁を救って頂きました。

(主婦・69才)

先祖代々の土地の大切さ

 

 私は、昭和47年に両親と叔母が居る家に嫁いで、勤めに行く主人と一緒に田畑を守ってきました。

 嫁いで15年目に、家を新築するために、先祖代々の土地を売却しなければならなくなりました。

 当時、先祖が守ってこられた土地を手放すことが怖くて、お墓と仏壇に必死で手を合わせ「自分たちの勝手で土地を手放します。すみません」と涙を流してお詫びしたことがありました。

 お堂では、先祖供養はもちろんのこと、先祖代々の土地の大切さを教えて頂いています。

 お堂にご縁を頂いてまもなく、教祖様より氏神様がどのように自分たちをご覧になっているか聞かせて頂く機会がありました。私は土地を手放した事が、ずっと心の奥に気にかかっておりましたので、お叱りを頂く事を覚悟で「土地を売りました、すみません」とお尋ねしました。すると、土地を売ったことのお咎めはなくて、氏神様より「いつも、お世話になります」とお言葉を頂きました。心のつかえが取れ、ホッとしたのを今でも思い出します。

 それから、数年経って今度は持山に小学校が建つということで、山を手放すことになり、その時は、「学校が建つのだから」と、何の思いもなく、それどころか「人の役に立たせて頂くんだから売って当たり前」という思いで売却しました。

 この事での御神様のお導きは、大変厳しいものでした。「山の木、一本一本の木にお詫びをしていきなされ。千本の木の命を絶ち切ったのですよ。子孫も命を絶ち切られましょう。一本一本の木の供養を護摩木でしていきなされ」と教えて頂き、それから、来る日も来る日も、「山の木、千本の供養」と護摩木に書いて木の供養をさせて頂ました。

 「千本の木の供養」満願のあかつきにてのお導きは、「家族の目を治してくださるみたい。氏神様にお参りして信心の縁を頂いて木の供養を致しました。山の神様ありがとうございました。目を代々悪くならないように、この子で止めてもらうようにしなければなりません」とお導き頂き、我が家は息子夫婦と孫が2人とも目が悪かったのでビックリしました。

 

御先祖様へのお詫びと感謝

 

 今、振り返って、御神仏様、御先祖様は、土地を手放すことを咎められる事はない。手放すときの思い、「御先祖様、先祖代々大事に守ってこられた土地を手放します。申し訳ございません」という先祖に対する感謝とご恩を決して忘れてはいけないことを教えて頂いているんだと思わせて頂きました。

 そして、更にありがたいことに、我が家の目が悪いという因縁をも、ちゃんと見てくださっている、このお堂にご縁があったからこそ、自分では気づきようもない、このようなお導きを頂けますことは、ただただ感謝でいっぱいです。

 これからも、土地の祓い、供養を重ねて、御先祖様に喜んで頂きますように精進していきたいと思います。

 教祖様、お導きありがとうございました。

借金も財産のうち

不安や悩みの多い現代社会をどう生きるか?

神様仏様は、それをどう教えて頂いているのか? 

 

【お尋ね】

 知人の連帯保証人となり、先祖代々の土地を売った主人をずっと責めてきました。お導きをよろしくお願い致します。

(主婦・62才)

【お導き】

 あなたはずーっと土地を売った売ったと思って、土地にお詫びをしてきたのでしょう?


 ― はい、教えを学べば学ぶほど、御先祖様が残して頂いた大切な土地を売ってしまったことが申し訳なくて。でも、お詫びしながら、売った主人を責める心もどこかにあって。―

 

 あなたは、売ったことばかりお詫びして、売った土地のお蔭様で、子どもを育てることができた、生活できた、という恩を忘れていますよ。お金が入った時は、助かったんでしょう?そしたら、恩があるのですよね。

 御先祖様は「土地は売ってもいい。たった一言、先祖のお蔭で子供が立派に育ちました。商売も繁盛しました」と…。それが先祖の思いなのですよ。絶対恩を忘れたらダメと私は思いますよ。

 あなたは、土地を売ったらいかんと欲の心ばかり。恩を忘れて、目の前の苦しい事ばかりに恨みつらみ言ってきましたね。土地を手放すとき、ずっと主人のせいにしてきたから、全部、土地がなくなってしまったのですよ。どんなにいい人に出会っても、あなたが恩を忘れていると、全部悪縁になるのですよ。

 一番の早道は心を切り替えること。土地を売ったことが悪いんじゃない、売った主人が悪いんじゃない、土地を指さし、主人を指さした自分が悪いんだ、と。差した指を自分の心に戻しましょうね。人のせいにばかりしているから苦しいのですよ。

 「借金も財産のうち」と言うでしょう。借金を財産にするのは、「自分が悪かったと」いう心。「恩を忘れておりました。すみません」と自分の悪の心に気づいてお詫びしましょうね。そこに気づいたら、子供は財産を取り返していくんですよね。

 自分の心を切り替える、一言のお詫びの言葉を教えて頂けたことが一番のお蔭さまですね 。

 「恩返し」という言葉を頂けたことに感謝し、忘れないようにしましょうね。

おかげ話一覧へ

アクセス

宗教法人根本山宝満堂

所在地
〒811-2114
福岡県糟屋郡須恵町上須恵63-5