宗教法人根本山宝満堂

昭光
世の中を照らす
光は我が心にあり

宝満堂とは

宝満堂がどういう経緯で誕生したのか、ということを概略でお伝えしましょう。
昭和の終わり頃、山下陽美子という一人の若い主婦がいました。彼女は平凡で幸せな結婚生活を送っていました。ところが、子どもが成長するにつれて次々と身辺に困った問題が起き、また自分も治りにくい病気にかかったため、人に勧められるままにある宗教家を訪ねました。するとその人が言うには「あなたは並みの人間ではない。神仏とつながる資質がある」と・・。思ってもいなかったことを言われて彼女は驚きます。
そして、平成元年、山下陽美子は本当に神の御言葉を聴くようになりました。やがて、神さまが命じるままに、世のため人のために働こうと彼女は決意します。
自分がどんなに辛いときでも、病気の人があれば治す、困っている人があれば解決法を教える・・この゛不思議な能力を持つ山下さん゛の評判はしだいに広まり、平成2年の初め、福岡県粕屋郡篠栗町に4畳半一間の御導き所を開くに至りました。
翌年には一軒家を借りて須恵町佐谷に移転。しかし、そこも多いときは一日二百人という人であふれ返り、平成6年には須恵町須惠に御堂が建てられました。そしてさらに発展して平成12年には須恵町上須惠、若杉山の南麓に『根本山 宝満堂』という大きな御堂が完成したのです。
いま宝満堂は午前5時から夕方まで毎日何百人もの人たちが出入りしお参りし、気持ちを浄化する、みんなの「こころの故郷」になっています。

活動について

教祖 山下陽美子

宝満堂の毎日は苦難や借金や病気を“きっかけ”にして自分自身の心の在りように気づき、それをあらためることによって、まったく新しい、嬉しい、輝かしい人生を手に入れようという、自己改革のご修行の場です。
毎日、午前5時半からお祈り。6時からお説法が行なわれます。
その後は“法座”の輪で個人的な悩みや質問などをみんなで語り合い、法座主の助言をもらう時間がゆっくりと流れます。
お昼には宝満堂の農園で採れたお野菜のてんぷらなど美味しい自家製弁当が待っています。
陽美子先生から『掃き行』をいただいた方は境内を掃きながら、『拭き行』をいただいた方はお堂を拭きながら、自分の心に気づかせていただくのです。

今月の行事

今月の行事一覧へ

年間祭事

出版物のご案内

陽はのぼる 全巻1巻〜6巻 
定価各1,000円
第1巻 人生が輝く喜びの言葉
第2巻 幸せを呼ぶ言葉
第3巻 ハイと言う宝物の言葉
第4巻 明日をひらく優しい言葉
第5巻 喜びの人生に出会う言葉
第6巻 感謝の心に包まれた言葉

毎日毎日の人間としての日々の積み重ねが花開く時期になってまいりました。
 これより先の世は理屈ではありません。自分の心を正していきさえすれば、道が開ける時代でございます。
 明るく素直に正直に、一人ひとりのお方のお心が清まっていくならば、必ずや今以上の幸せを頂かれるはずでございます

祈り 創刊号〜第6号 定価各630円

インド小学校だより

インド小学校だより一覧へ

おかげ話

やっと言えた一言で奇跡が

 

不安や悩みの多い現代社会をどう生きるか?

神様仏様は、それをどう教えて頂いているのか? 

 

 私は15年前、シンナーを吸い、酒を飲んでは暴れる長男のことで、宝満堂にご縁を頂きました。毎日必死に朝行に通わせて頂き、教祖様より導いて頂いたお蔭様で、5年目にしてやっと言えた、たった一言の言葉で、長男はシンナーをやめたのです。

(福岡市・主婦・56才)

 

朝行に一日も休まずに通う

息子はシンナーを吸い、酒を飲んでは暴れ、家の中は物が壊れてメチャクチャ、私は殴る蹴るの暴力を受け、顔や身体には数えきれないほどのアザがありました。どう自分の心を思ってよいか分からないまま、必死に宝満堂に通わせて頂きました。皆様から温かい声をかけて頂くことで、私の心は何とか平常心を取り戻しておりました。そんなとき、教祖様より「朝行をしてみない?」と優しくお声かけして頂き、「よし、頑張ろう!」と決心しました。それから毎日毎日、宝満堂に通い、朝行をさせて頂きました。

 お堂にご縁を頂く前は、私の心が原因とは思わず、子供を褒めるどころか、子供が悪いと思い、頭の上から「ああしなさい、こうしなさい、ダメダメ」と言って、押さえつけて育ててきました。

 

毎日が自分の心との戦い

 シンナーを吸っては暴れる息子を見て、心が右往左往して、どうして良いか分からない私に教祖様は、一つひとつ丁寧に教えて頂きました。

 「急いではなりませんよ。一歩一歩ですよ。褒めて褒めて、信じて信じていくこと、認めていくこと、德を積むこと、心磨きしかありませんよ」と導いて頂き、「よーし、今日こそ息子を認めるぞ」と何度思っても認めることができず、自分が歯痒くて、胸をどんどん叩いては、自分の心との戦いの繰り返しでした。でも教祖様から背中をポンと押して頂いたお蔭様で決心ができ、お堂から家に帰る車の中、「今日こそ認めるぞ、子供の心に合わせていこう」と、何回も何十回も何百回も言い続けて家に帰りました。

 

息子を認める一言が出た瞬間

 家に着き「ただいま!」と大きな声で玄関に入ると、二階から息子が下りてきました。手にはシンナーの袋を下げ足はフラフラになっていました。「今だ!」と思い、つばを飲み込んで息子の肩に手をかけ「美味しい?」と聞くと、今までにない満面の笑顔で「美味しい!」と返事が返ってきました。「そう、そんなに美味しいなら腹一杯吸ったらいいよ」と、すぐ素直に自分の口から出たことが嬉しくて不思議でした。すると、息子は驚いたことに、すぐに外に袋を投げ捨てました。それから一切、シンナーを吸わなくなったのです。

 信じられないほど嬉しくて、認める心がどんなに大切か、私自身、驚きと喜びを、身体全体で感じさせて頂いたことを今でも覚えております。この一言を出させて頂くまで、認めることができるまで5年かかりました。本当に辛かったです、苦しかったです。

 

苦をくれた息子に感謝

 それから息子は職に就き、仕事場でたくさんの人に出会い、育てて頂きました。3年後にはお蔭様で結婚をし、今では5才の男の子、2才の女の子のパパにならせて頂き、今一生懸命に働かせて頂いております。あの苦しかったことを思うと今が本当に夢のようです。私を宝満堂のご縁に繋ぎ、信心するために、いろいろな現象を見せてくれたと、今はこの息子を拝まずにはいられません。

 私は今まで主人にも、人様にもハイと言わない我がまま勝手な人間でした。そして迷い道に入ってしまい、どうしていいか分からなかった私を教祖様は救い、助けて頂きました。感謝しても感謝しても足りません。この尊い体験を一人でも多くの方に伝えることが私の使命であり、お役目と思い、ご恩返しの心を忘れず、一生懸命これから先も心磨きに精進させて頂きます。

 

病によって教えられた「親にご恩返しの心」 

 

不安や悩みの多い現代社会をどう生きるか?

神様仏様は、それをどう教えて頂いているのか? 

 

 「人生には上り坂、下り坂、そして、まさかの坂があります」と、いつも教祖様より導いて頂いておりました。私にとって、そのまさかの坂が「ガンの再発」だったのです。

(飯塚市・主婦・55才)

 

傍(はた)を楽にさせる働きが本当の働き

 20年前、長男の嫁でありながら、私のわがままで辛抱できなくなり、主人の親と別居し、乳ガンになった私は、「親に気を遣っていたストレスでガンになったのだ」と、親のせいにしておりました。

 その後、宝満堂にご縁を頂き、教祖様より、ガンになったのは自分の〝我〞(が)の強さ、勝手をしていることが原因だったことを教えて頂きました。そして、仕事を続ける私に教祖様は「仕事はどうするの?今の心では大変になりますよね」と何度も導いてくださいました。

 しかし、私は嫁の立場よりも仕事を選び、会社に行くと重宝がられて居心地が良く、残業までしてお金をもらう働きをしていました。教祖様がいつも言われる「傍を楽にさせる働きが本当の働き」ではなかったのです。

 

ガンの再発!

 昨年夏頃より右腕が腫れだし、10月頃からは痛み出し、少しずつ字が書きづらくなってきました。ガンが再発したのです。今年になって痛みが増し、この状態では会社に迷惑をかけ、家族に心配をかけると思い、退職願を出させて頂くと「病院に通って治してください。時間はあげます」と言われました。

 いよいよ字も書けず、お箸も握れない状態になって、又、お堂に駆け込みました。3年前にも「仕事を辞めた方がいいですよ。ガンがぶら下がっていますよ」とお導きを頂いていたにも関わらず、辞めきれない私が情けなくなりました。と同時に、自分がこれまでいかに自分の〝我〞(が)を押し通したことで家族や人様にどれだけ心配をかけているかを気づかせて頂きました。

 でも、教祖様はそんな私でさえも、涙を流しながら厳しく、しかし、優しく温かく「このガンはありがたい、私を変えてくださるありがたいガンなのだと大切に思うこと。そして、心磨きをしますと言っていくことです。苦は宝ですよ」とお導きをしてくださいました。

 

年老いた親に喜んで頂きたい

 病院では抗ガン剤治療の予定でしたが、教祖様のお導きを頂いたあとは検査のたびにガンが小さくなり、頭や肺にあった影が消えているので病院の先生も不思議に思われ、再検査の日々が続いております。そんな中、私は自分の病気を治したい、助かりたい一心で毎朝、お堂に通っておりました。

 ある日、教祖様より「自分が治りたいと欲の心で来ても治らないと思いますよ。年老いた親に何としてでも喜んでもらいたい、ご恩返しをするのだという思いを持ってくださいね。年老いた親は誰が見るのですか?」と言って頂き、そのとき「ハッ」と致しました。主人の親を見させて頂くのは、長男の嫁の務め。しかし、私は自分のことしか思っていませんでした。

 

体験を皆様にお伝えしたい

 こうなるまで心を変えきれず仕事も辞めきれなかった〝我〞(が)の強い私に、神様よりお慈悲を頂きました。大切な心をお導き頂きました教祖様に、何としてでもご恩返しをさせて頂きます。

 そして、私の体験を皆様にお伝えできますように努力精進させて頂きます。これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

おかげ話一覧へ

アクセス

宗教法人根本山宝満堂

所在地
〒811-2114
福岡県糟屋郡須恵町上須恵63-5