おかげ話

「自分の心を治すんだ」と言葉を 変える努力をしましょうね 

不安や悩みの多い現代社会をどう生きるか?

神様仏様は、それをどう教えて頂いているのか? 

 

 

 

 娘が産後、精神的に不安定になり、なかなか良くなりません。            

(女性・60才)

 

法座で学びましょう

  遠方に嫁いだ娘が、2人目の出産後、精神的に不安定になり、子育てもできない状態になったことで、宝満堂にご縁を頂きました。

 御説法を毎日拝聴させて頂き、娘を治すためならどんなことでもしたいという思いで、何度もお尋ねをさせて頂きました。その度に、自分が勝手をしてきたこと、主人を敬っていなかったことをお導き頂き反省が足りずに、なかなか娘が良くなりません。

 娘から毎日、何度も「苦しい、苦しい」と電話がかかってくるので、私の心も苦しさでいっぱいになり、どうしたらこの苦しみから逃れられるのか、答えを探す日々を送っておりました。

 教祖様から、「あなたは娘さんを治したいと思っているようですが、自分の心を治すんだと言葉を変える努力をしましょうね。長い間、勝手をしてきたので急には良くなりませんよ。でも一日一日、目の前の方に喜んで頂くんだ、目の前の方に頭を下げさせて頂くんだという言葉を大事にしましょうね。そこに焦点を当てて、法座で学びましょう」とお導き頂きました。

 「よし、娘のことは横に置いといて、自分が法座で学ばせて頂こう」と決心しました。

 

法座はありがたい!

 早速、法座に入ると娘が生まれてからのことを聞いて頂きました。娘は活発で自分で進んでいくタイプで、手が掛からない子でした。親として悩むことも心配することもなかったので、娘のことは気にもせず、私は働くばかりだったことを話しました。娘は、出産後すぐに引っ越しをして具合いが悪くなりました。皆さんから「産後、小さい子を抱えての引っ越しは、肉体的にも精神的にも大変だったでしょうね」と言って頂き、ハッとしました。

 又、「産後、親に手伝ってほしいと言えず、きつかった」という話も聞き、娘を思いやる心が少しもなかったことを教えて頂きました。何と冷たい母親だったかと思うと、涙があふれてきて止まりませんでした。

 皆さんから頂く言葉はありがたいと感謝致します。毎日毎日、法座で学ばせて頂き、反省の日々を過ごしております。

 

喜びの種を頂く

 それから数週間後、娘から思いがけない電話がありました。「お母さん、今日は久しぶりにお化粧をして、子どもを保育園に迎えに行ったよ」と元気で明るい声でした。私は飛び上がるほど嬉しく、すぐに主人に伝え、法座に入って皆さんにも喜んで頂きました。その数日後、今度は「一年ぶりに夕食の支度をしたよ」という電話が…。家族のために食事の準備をする娘の温かい心を思うと、涙が出てきました。こんな喜びの心を頂ける日が来るなんて、夢のようです。

 教祖様より「何のためにお堂にお参りするのか、それは喜びの種をもらうためよ。あなたが法座で学ぶ決心をした心が神様に届き、喜びとなって返ってきたのよ」と仰って頂きました。教祖様の神教えを学ぶことで、この子は絶対に良くなっていくんだと信じる心を頂きました。

 まだまだ行きつ戻りつの毎日ですが、教祖様に出会うことができたことに感謝致します。

 これからも法座の学びをなお一層、精進させて頂きます。